まいど。

引き続きAppleWatchをつかっているのですが、OS4になってかなり使い勝手が良くなっている。
特にSiriフェイスは色々と気が利いてくれて嬉しい。
「数年前のこの日に、こんなことがありましたよ」というのも教えてくれるのだが、2013年の今頃は、今いる事務所の改装工事をやっていたらしい。そんなになるのか。

写真の提案は、iCloudにある写真から提案しているのだろうと(勝手に)想像しているのですが、そうなると、俄然iCloudフォトライブラリとの組み合わせが便利。
そうでなくてもmacを利用している場合(iPhoneだけでもそうですが)ストレージの128MBや256MBなどよりも、写真の総容量の方が多く

「撮った写真全てが保管できない」

という問題があります(コンピュターユーザー歴が長い人はそうかな)そういう方には、思いきってiCloudフォトライブラリをお勧めします。2TBあれば基本的に十分でしょうし。自宅外にバックアップ(というかメイン)ができることで、写真のバックアップの不安も解決します。

なによりどのデバイスでも写真を参照できることは、思った以上にメンタルに効果が高く(過去の思い出を振り返る機会は、子育て世代には嬉しいことも特に多いような)かなり個人的に満足しています。

Appleの製品はデバイス云々ではなく「iCloudをどうやって快適に提供するか」というデバイスだなぁと最近思います。
それはきっとiPhoneXであっても。