まいど。
友達の藤田さん(ドアラ)に勧められて読んだのだけど、一言面白い。
とにかく漫画らしいスケールとつじつまの合わなさがあるけど、何より恐怖と迫力とスピードがある。
これって読んでて「あー、なんか藤田和日郎さんの『シン・ゴジラ』かな」って一瞬思った。

藤田和日郎さんの漫画はほとんど読んだことがなくて(まさかの、ですが通ってこなかった)しっかり読むのはこれが初めてなのですが。とにかく漫画自体に、得体の知れないスピード感、爆風が吹いている感じがある。

兎にも角にも「漫画だなぁ」って思う一冊。