まいど。
今年は色々あるなぁって感じなのですが。
自分の中で一つ「許せない」というと言い方がおおげさですが。
自分の前であって欲しくないことに「ごめんなさいを言わずに、立場を守ろうとする」ってのがあります。
そういう人も瞬間もごめんです。
今年一年で「それがものすごく嫌い」ってことがわかりました。

「ごめんなさい」がいえない人には2種類あります。

一つは「すいません」という曖昧な言葉でかわす人。
すいませんは「ありがとう」の意味でも「ごめんなさい」の意味でも、どちらもその軽度な感じで使われますよね。
「ごめんなさい」という深い謝罪から逃げる代わりに「すいません」を使う。
あまり好きでないです。

もう一つは最近発見したのですが「ありがとう」と先手を打つことで謝罪をにげる人。
「感謝している」「いつもお世話になっている」みたいな深い感謝を先に口にすることで、本来謝罪すべき(すべきって厳密にいうとないですけど)所から逃げ出してしまう人。
このやり方は最近気がつきました。
やり口ずるいでしょ。

で、まあ。「ごめんなさいが言えない」とこと自体は別にいいんです。人間だもの。
感情で生きているし、プライドもあるからそういうのはある。
御免なさいが言えないけど、反省して改善してる人もいっぱいいるので。
謝罪して改善しないよりはだいぶ良いと思いますし。
(とは言え謝罪すべきタイミングで謝罪はした方がいい)

それと別に。
「ごめんなさいを言わずに、自分の立場やスタンスの否定は受け付けない、言葉も寄せ付けない」タイプの人もいるなぁ、という発見が今年ありました。
そういう人ほど他人を利用したい気持ちがあるのかなぁ、と思ったり。

まあ日記なのでたまにはこういったことも書きます。