まいど。
Apple Watchの写真なのですが「あ、ここでも写真が観れる」と思えば、割と使います。
でもってこの写真、形状が縦長です。
写真は割と横で撮ってます。となると全部が表示されないわけです。

そんな中、この写真一覧。
一つ一つがどうも顔がある場合は、それを真ん中にして表示しているみたいです。
写真の中心でトリミングするのではなくて、顔を中心にしてトリミング。
まー、ほんとMacというのかiOSというのか。
賢くなったなぁ、と思います。

Apple Watchの写真ももちろんLiveフォトにも対応していますので、強押しするとショートムービーが表示されます。
デジタルクラウンをくるくる回すと、拡大や縮小に対応。
画面をダブルタップすると、元の写真の比率(横長の場合は、縮小して全体表示)してくれます。

Apple Watchを持っている方は、写真も一度チェックすると良いかと思います。
Apple Watchに送り込む写真については、iPhoneのApple Watchアプリの設定から、アルバムや枚数を調整できます。