まいど。
iPhoneXにして、FaceIDがセキュリティに採用されました。
これはもう単純で、指紋認証の代わりに「顔を見て」ロックを外してくれるというもの。

最初は「んー」って感じでしたが、意外に便利です。
とはいえ「寝起き」が割とだめだったり、指紋の場合はポケットの中とか、角度がスマフォとまっすぐでなくてもOKでしたが、顔認証の場合はそれができないです。

なので、ロックを解除するだけで言ったら一長一短。

ただ、ロックと別のところで利点があります。
それが「顔認証がOKだったら、お知らせ内容を表示する」という機能。
これが、なかなか便利です。気が利いている感じです。

FaceIDは指紋認証とは異なる部分があります。
それは「スマフォ側で準備ができる」ということ。
指紋認証の場合、指が触れなければ絶対にその人を理解しません。でもFaceIDの場合、顔を向ければ認証します。それができると、例えばその後siriを呼び出した時に。

「あ、この認証した人から声かかるかもな」と準備できることが増えます。
準備が増えれば、当然効果は高まるわけです。

そういった「期待値」がFaceIDにはあると思います。個人的には。