まいど。

写真を撮るときは今は基本的に子供が多いです。
それもあって、あまりモノクロ写真とかとらないんですね。まあ、加工か。
ですが、ポートレートモードで写真を撮るには、人物(子供)よりも、モノの方が圧倒的に向いてます。

子供は常に動いてますからね。焦点を合わすのが難しい。
ポートレートモードになるとそれは尚更で、カメラと対象との距離(これが結構制限がある)、対象がじっとしていることなど、良さを引き出すためには条件があるのです。

モノはまあ、優秀。動かない(笑)
ということで、練習をする意味でも、モノの方がポートレートモードにはオススメです。

このポートレートモードで撮ると、写真のボケ味を楽しむことができます。
このボケ味がどうも、モノクロ写真にした時にいい感じの「味」になるみたいです。
対象とそうでないものが「ボケ×モノクロ」ではっきりするんでしょうね。

ということでモノクロ写真。というか。モノクロ加工。
最近ちょっと使うことが増えました。楽しい。