高気密・高断熱住宅を建てる時に、一番最初に行ったのが基礎工事でした。
そこから既に高気密・高断熱の取り組みがされていました。

束ねられた断熱材


高気密・高断熱住宅というと、壁の厚さや断熱効果に注目が集まります。
冷たい風は横から吹き付けますが、風を受けるのは壁だけではありません。

基礎部分にも風が吹き付けます。
基礎が冷えれば、寒さが家の下からやってきます。
高気密・高断熱住宅の性能を引き出すためには、床下からの冷えを防止する必要があります。

写真の素材は、基礎の側面に施すための断熱材です。
これらを基礎の側面に配置し、基礎を寒さから守っています。


この中にコンクリートを流し込みます