快適な空気を建物全体でどのように循環させるか。
我が家では通気の為の窓を幾つか設計しました。

高気密・高断熱住宅は、家のどの場所でも温度湿度が快適なのが特徴です。
それほど大きく無いエアコン1台で、家全体の空気を調整することができます。
エアコンから吐き出された空気を、どのように家全体に広げるのか。
高気密・高断熱住宅を設計する上でのポイントの一つです。

我が家では1階と2階をつなぐ「通気用の小窓」をつくりました。
2階側から必要に応じで開け閉めができます。
きちんと締め切れば上下階の光もしっかり遮断しますので、就寝時などに光の調整も可能です。

窓を締め切ってしまえば通気も失われてしまいますが、24時間あけなくとも家全体への空気の循環は十分可能です。

通気用の窓や仕組みが無い場合、唯一ある出入り口のドアを開けことになります。
出入り口だけに通気を頼ると、不便がでる場合もあるかもしれません。
別に空気の通り道を用意しておくことで、そうした不便を回避できます。


上の細い窓が通気用。2階の床より高い位置にあります。