エアコンの稼働が減り、エアコンによる乾燥が減り、湿度が下がりにくなりました。
それが結露の出現に繋がったと可能性もあるのかな、と思います。

冬場、我が家はエアコンをつけずに過ごすことも多くありました。
暖かいのでエアコンをつける必要がなく、エアコンによる空気の乾燥を防ぐことができます。
これは高気密・高断熱住宅ならではの保温能力による成果です。

しかし、エアコンの稼働時間が短くなり、エアコンによる乾燥がもたらす除湿効果も減少しています。
湿度が高すぎる場合は、窓の開け閉めで調整する必要があるようです。

エアコンの必要性が下がること自体は、良いことです。
ですが、場合によってははエアコンを稼働させることで「温度の一定化、湿度の軽減」の両方を効率的に兼ねることもあるようです。


エアコン。隣には空調用換気扇