高気密・高断熱住宅の気密を生み出すために、細かなところも工夫がされていました。
ボルト組みしてある箇所にも、さらに気密のための一仕事がありました。

高気密・高断熱住宅の気密への取り組みは様々でした。
木々を組み合わせることにも、釘を打ったり、ボルトでつないだり、木組みをしたり。
細かく「高気密・高断熱のための取り組み」がありました。

写真の箇所は、最終的に壁の中に入ってしまう木材の写真です。
ボルトを締めた箇所の上からウレタンを吹き付けてあります。
「気密のために隙間をなくす」というお話でした。
この木材はセルロースファイバーなどの断熱材に隠れてしまいます。

ここに限らず、あちこちの接合部分でウレタンによる処理がされていました。

とある施工箇所



ウレタンによる気密作業が三箇所