高気密・高断熱住宅では、釘打した箇所をひとつひとつ手作業で気密処理します。
家全体の気密をあげるために行っているそうです。

高気密・高断熱住宅を建設する間、現場を細かく拝見しました。
見学中「こんなことまでするのか」と思ったことが幾つかありました。
その一つが、釘を打ったあとの気密処理。
釘を打ち込んだ後、手作業で一つ一つ専用の塗材で上から処理していました。

釘をうてば当然穴が開きます。そこから空気が入り込む可能性が出てきます。
これらをしらみつぶしに密閉することで、気密性能を保持しているようです。
とはいえ。釘の数は当然かなりの数になります。
それらを一つ一つ塞いで行くのは、かなりの手間がかかります。

釘を打ち込むのは機械で行いますが、穴を塞ぐのは全て手作業。
打ち込むより塞ぐ方が、圧倒的に時間がかかっていました。
施行時期がちょうど夏に向かう時期で、気候的にも大変な時期でした。

高気密・高断熱住宅は一般的な住宅に比べて施行期間が長くなる傾向にあります。
その理由の一つに、このような丁寧な気密対策の施行期間があると思います。

外壁の施行途中の写真です、ここに…。



これだけ気密処理がされています。



写真右側の斜めの壁は室内に面していないため、気密処理をしていません(必要がない)