セルロースファイバーを屋根にも充填しています。
厚みは約20cmほど。屋根全体に満遍なくセルロースファイバーを充填します。

高気密・高断熱住宅は壁が厚いという認識はあると思います。
壁と同様、屋根もにも断熱材を十分にいれることで、家の性能を高めます。

我が家の屋根は勾配屋根です。
屋根板から20cmほど下げたところにセルロースファイバーのための木材が組まれました。
屋根と木材の間にセルロースファイバーが充填されます。

充填後の写真では厚みがわからないので、充填前の施工写真を掲載します。
遠目で見ると分かりにくいかもしれませんが、20cmの高さがあります。
写真下に見える梁の一部は、このあとセルロースが充填され、見えなくなってしまいました。

このような木枠を組み


勾配天井を埋めつくす木材


セルロースファイバーを施工しました。