まいど。
ちょっと休憩がてら。

高城れにの「なんでもないや」のカバーが素晴らしい。
もともと彼女はものすごく声がよくて素敵で、ずっと前から「高城れにの声は素敵」と思っていたのですが。
年齢が上がって歌唱力がついて、大人になってメンタルも成長して。
すごく一つ一つを丁寧に「なんでもないや」を歌っていて、とにかく素敵。素晴らしい。

「ももクロって歌下手なんでしょ」って思っている人。
そんな人ほど聞いてほしい。彼女たちは「下手だった」
その後たくさん努力と経験を重ねて、歌が上手になった。

個人的には「上白石萌絵のカバー」も素敵でいいなと思っていたのですが。
それをあっさりと超えてしまった感じ。ももクロ好きってのもあるけど、それ抜きで。

「アイドルの歌はキンキンして好きじゃない」って人ほど聞いてほしい。
とにかく、本当に素敵なので、多くの人に彼女の歌で驚いてほしい。

https://www.youtube.com/watch?v=TwZX6ztXhEs



まいど。
ってことで、昨日きたので、早速移行したよ。
ざっくり移行の注意点ですが

・suicaの際登録は1日(24時間)おけ、と言われる。
・すでに登録したApple Payのカード情報は、セキュリティコード以外は引き継げる(残っている)
・移行しおわたら、きちんと古いApple Watchのペアリングを解除(まあ普通二つ使わないかと)

です。
んでもってまあ、series3はぬるぬる動く。快適。
Apple Watchに登録した音楽をかける時も、ちょっと待つ…みたいなウェイトがかからなくなりました。
(series2はそれがあった)
またSiriフェイスが完全にぬるぬる動きます。2はちょっとカクカクというか、引っかかる瞬間があったのですがなくなった。

まあ、とにかく使っていて気持ちいい。
3はお勧めできます。

あとLTEが繋がらない問題(フリーのWi-fiを拾おうとして失敗して、ネットワーク接続が無しになる問題)は自分は引っかかってるみたいです。現状では接続ちょっと怪しい。

とはいえ、普通にApple Watchも使えるし、気持ちいです。3。



まいど。
これを待っていて、日記が遅れた。
さっきペアリング終わりましたが、ぬるぬる動いてくれてすごく快適。
series2より処理速度間違いなく上がってます。

やー、ほんと嬉しい。Apple Payも設定していつも通り使えます。
竜頭が赤になったので、黒の方が締まるかな、と思って黒にしました。
これ明日子供にぜったい見つかる。
まあ、いっか。



まいど。

ポモドーロテクニックと合わせて、いま改めてスタンディング環境を構築しています。
でその最新が写真のような感じ。
今までとの違いをちょっとだけ。

・スタンディング用のテーブルを、縦に配置。
 今まで横に配置できなくて、自分の向き自体が違ったのですが。
 このほうが後ろから光も入らず位置を移動しなくてもよく快適なので、そのようにしています。
・MacBookを立てる台をそのまま採用。
 目の高さがより高くなり、理想のスタンディング環境にまた一つ近づきました。
・テーブルの端にストッパーを採用
 これLANケーブルを隠すやつです。それを机の端につけました。
 スタンディングの時には机が落ちないように。座ってやるときは擬似パームレストに。

という感じです。
ちなみにスタンディングから座る状態に移動する時には、机の上に乗っている机をそのままズズズと後ろに下げて継続します。割と

「机、on机」

で過ごしてます。はい。


まいど。

先日子供がかねてから乗りたいと言ってた富士川楽座の観覧車に乗りましたが、個人的に非常にがっかりしました。
個人の感想をつらつら書いていきます。

1)高い
子供は3歳以上大人まで一人700円。家族4人で2800円です。ただただ高い。

2)いきなりの写真営業
乗り場に行く間に観覧車をバックにした「写真を取りませんかー」の営業。
チケット売り場で「高いよ」って思った後に畳み掛けられるのはちょっと…。

3)ゴンドラ内がうるさい
「日本初のゴンドラ内飲食」のためか空気清浄機(エアコン?換気扇?)の音がうるさい。ほんとうるさい。
店内飲食はセットが指定されており一人1500えんくらいかかります。
それを選択しなくても換気扇?エアコン?の音がうるさい。止められない。

4)液晶の案内いらない(ぼくここが一番嫌でした)
高いお金払ってゴンドラ内に入ったら、液晶の説明パネルが登場。これほんといらない。
うちに限ってかもしれませんが、幼稚園児なんてタブレットあったら、まずいじります。

高いお金はらって「乗りたい!」って言ってた子供が、景色よりタブレット触っちゃうわけですよ。
ほんと僕からするとこれ迷惑。ほんとに迷惑。消せないし。

結局子供に「景色みろよー」とか言わざるを得ない。
言いたくない事言わなきゃいけないので、こちらの気分も悪い。
子供は目に入れば触りたくなるのだが、そもそもタブレット自体がないほうがいいのです。

5)解説いらない
日本語と英語の解説が流れるのですが、これもせめてオフにできないですかね。

6)机いらない
ゴンドラ内飲食しない人には机なくていいと思います。
子供があちこち移動しないのはメリットでもありますが、デメリットでもありここは一長一短。

■観覧車の楽しみってなんでしょう。

そもそも観覧車の楽しみってなんでしょう。
静かに、いつもと違った空間と景色を、その1周の間に楽しめる。
観覧車ならではの味わいと、非日常だと思うんです。
富士山の景色、富士川の景色があるから、観覧車がより楽しい、でいいじゃないですか。

あの観覧車は入った瞬間「富士市のセールス」を乗ってる人は受けてるだけです。高いお金はらって。
逃げられない空間で、他県の人(が多いと思うのですが)のお金で、圧迫セールスしちゃ絶対ダメ。
富士市とか富士山に価値があると思うのは自由だと思うのですが、それを価格にしたときに、ユーザに受けるかどうかは別問題。
観覧車に期待するものと別のものを押し付けられ、かつそれが特別な体験でもない。そして高い。
これだとリピートできないですよ。

■どうすればいいのか(提案)

批判だけしてもしょうがないので。

・料金は他のサービスエリアと同じに
・空調をとにかく静かに。アナウンスは希望者に
・タブレットは思い切って外す。説明は降りた後のアナログな大きいパネルがあれば十分
・乗車前の写真パネルは、乗車後に解放。自由な場所で撮影してもらう代わりに、SNSに少しでも投稿してもらえるように対策考える。
・観覧車自体で元を取ろうとしないで、サービスエリア自体の売り上げ向上を考える(観覧車を口実にSAへのリピートが上がればOK)

上記かなと思いました。
ライティングして綺麗にしてるので、広告として、あるいは期待値は悪くないと思います。
「一度は行ってみたい」って引きはあるかと。
でも実際の体験がこれだけひどいと、ちょっともう個人的には「やばい(まずい・悪いの方です)」かと思います。