職業講和にいってきました。

大渕第一小学校にいってきました。

この学校に行くのも初めてでしたし、大渕という地域もあまり接点がありませんでした。そういう意味でも楽しみでしたが、生徒さんも素直で楽しく授業ができました。コロナで人との接点も少ない時期が長く、久しぶりに大勢の前で授業をしたせいか、2時間程度でだいぶ疲れてしまいました。

前回は教室にプロジェクタの用意がなく(事前に伝えていたのですが、手違いがあった)最初の1時間を即興でお喋りだけで乗り切りました。今回はそういうこともなく一安心。教室には大きなテレビがあり、HDMI端子も標準で装備されているため、接続で困ることもありませんでした。

前回のスライドを見て反省したこと

前回は中学1年生。今回は6年生。年齢の差は1つだけですが、中学校と小学校では違います。授業時間も中学よりも短かったのかな。その辺りを考慮して内容を精査しました。

箇条書きで色々書き出し、そのタイミングで前回のスライドを確認しました。かなり内容が濃い、というより「多い」。ちょっとこの量は中学生にも多すぎたかもしれません。その点を踏まえて、内容をかなり削ぎ落としてシンプルにしたつもりです。

また、漢字をどこまでひらがなにするか、ちょっとだけ悩みました。単語についてもわかりやすさを再確認しました。

  • レジュメ→メニュー
  • 質疑応答→質問タイム→しつもんタイム

など。「読めるだろう」と漢字のままにして、読めない子供が万が一いたら。その子に寂しい思いをさせてもいけないと思い、ある程度ひらがなにしました。とはいえそれをやりすぎれば、小学生の学力に失礼にもなり得ます。その塩梅の中での作業でした。

子供たちはすごかった。

眠くなったり、よそ見をしている子も見かけましたが。それも一時的なことで、全体的に前を向いてよく聞いてくれたので、とにかくこちらは助かりました。

二回目の講座の時には、あくびが出たり疲れている子も多かったのですが、それだけ前の授業を真剣に聞いてきた、ということだと思います。こちらも大変ですが、急に知らない大人の話を聞く子供たちも大変だと思います。そういった中でのがんばりが、すごく光りっていました。

資料はこちらから

当日に使った資料をそのまま残しておきます。 昔の梨畑の動画も入っていたり、フォントもダウンロードしないとずれてると思います。

また、下に一枚画像を添付しました。これは生徒さんには「今日の話を聞いた皆さんなら、この画像にひとつ間違いがあるのがわかりますか?」と伝えた画像です。スライドをみていただくと、この画像の「何がいけないか」が伝わるかと思います。この部分は実際に生徒さんにもしっかり伝わって、かつ好評で、一安心しました。



Dropboxからスライドをダウンロード


関連記事

この記事のハッシュタグに関連する記事が見つかりませんでした。

最新記事

カテゴリー

アーカイブ