勤め人は減少する

コロナの影響で倒産からの失業、求職者が日本でも多くなっているという。アメリカはリストラも再雇用もしやすい社会と聞いているが、日本はリストラがしずらいので、失業率もアメリカに比べると小さい。だが倒産となれば話は別で、失業された方の再就職の競争率が、かなり上がっているらしい。

明治時代は個人事業主が多く、勤め人(主に官公庁など)というのはごく一部だったらしい。毎月決まった月給をもらい「安定している」ということが、世間の価値は高ったらしい。明治の時代のことは分からないが、個人事業主が不安定なことは実際に体験していたので分かる。今は法人化して毎月報酬を自分に払っているが、よく毎月同じ額を払えるな、と自分のことながら思う。それくらい個人事業主の頃は売上も、口座の残高も安定していなかった。

コロナ以前からも言われていたが、今後は正社員は減り、個人事業主が増えると思う。個人事業主は大きく2種類に分かれる。ひとつは、技術があってそれが尊重され、単価を自分でコントロールできる人。もうひとつは、既に決まった短歌の仕事を請け負う人。戦後は経営者の横暴をコントロールすべく、36協定などが誕生し正社員の立場や給与、保証を守ってきた。しかし経済自体が衰退していくと、正社員に対する保護のハードルがコスト面でかなり上がる。コストをかけて内部に人材を確保するよりも、今まで作業だったものをアウトソーシングすることで、作業自体の単価は上がるが、企業の運用コストを下げつつ、利益を残す。法人経営の利益体質化が図られると思う。

アウトソーシングされた仕事は、Webサービスなどで安価に大量に捌けるものもあれば、専門の技術者が必要なものもあるだろうし、単価で発注されるものもあるだろう。どの仕事を取りに行って、どのように自分や世帯の経済を成立させるのか。今後の時代にあわせたプランニングが個人個人で必要だと思う。

豊かさの減少、貧さの増加というのは、どうやら真綿で首を絞めるように、なかなか目につきにくい。経済の減少というのも、個人事業主・社長を含めた多くの自営業者が必要とするようだ。こちらも同じように目につきにくいが、それでも近い将来、確実に多くの自営業者を生み出すことになると僕は思う。


関連記事

この記事のハッシュタグに関連する記事が見つかりませんでした。

最新記事

カテゴリー

アーカイブ