Automatorがショートカットに統合されるのは賛成

WWDC21がありました。

Mac関連でいうと「Automator」が新しいアプリ「ショートカット」に統合されていくらしい。これ大賛成。 去年の時点でそうなるだろうなと思っていたので。どのあたりが賛成かというと

  • ホームアプリに登録されている電気や温度計、オーディオなどの情報も取れそう。連携できそう。
  • iOSアプリとの連携も可能になるかも
  • iPhoneにあるショートカットのアイコンをクリックすると、Macの作業を実行させたり、とかもできるかも

といったところです。Macからホームにあるデバイスに接続できるのは楽しいと思う。
Macで動くiOSアプリも操作できると思うし、iCloudをまたいでいろんな自動化ができる可能性があるのかな、と。

そして書いてて思ったのですが。
いま消えゆく資産になってる「タッチバー」ですが。僕はBTTってツールで自分用にカスタマイズして便利に使っているのですが。この役割をIOS端末でできるようになるのかも。

具体的にいうとマックの横にiPhoneを置いて、そのiPhoneに自分がやりたい処理がショートカットアイコンとしてならんでいる。それをクリックするとMac側の自動化が実行される、みたいな。
いわゆる自動化のランチャーとしてiOS端末を使えるようになる、という。

これはなくはないのでは?って個人的にはおもうけど、さてどうだろう。

今回の動画見てて「完全にデバイスはiCloudのアカウントの下にあって、それぞれの特性や強みを、デバイスの境界を飛び越えて(溶かして)フレキシブルにつかえるようにしてきたなーと」多分だけど

  1. アカウント
  2. データ
  3. サービス(とそれを構成するアプリ)
  4. デバイス(とOS)

って優先順位で体験を構築していくのではないかなー。その上で下支えするデバイスのそれぞれの個性ごとに収集したデータをサービスに再利用しつつ、サービスを強化していくんだろうな、と。

アップルはサービスの会社になったなーって改めて思いました。


関連記事

この記事のハッシュタグに関連する記事が見つかりませんでした。

最新記事

カテゴリー

アーカイブ