昔の自分の言葉に、結構良い言葉が転がっている


ということで約束のブログ。二日目。このままブログが再開されるのだろうか。

引き続き寝る前に昔のブログを読み続けている。文体が気になったり気恥ずかしいことは全くない。読みにくいこともなく、読み進めていくとあれこれ思い出すことも多い。

ちょっと濁しているけれど、この文章はあの仕事のことかな。この友達というのはあの人のことかな、とか。ネットに晒される文集なので当時から個人を特定できないように書いている。その仕事や取引先、友達についても今は合わなかったり、関係が途絶えてしまったものも多い。

まあ、それはそれだと思う。寂しい気持ちも多少あるけれど、それよりも新しい出会いがあったことを喜べば良いと思う。縁は巡り合わせなので、またどこかでばったりと繋がりや出会いが戻ることもある。

自分の人生の味方に、まず自分がなること

/IMG_2288.jpeg

こんなことを書いてたのかと思ったけれど。こういうひらめきや気づきは割とブログにこまめに書いていた気がする。はは。良いことを言っているなと。今の自分よりも若くてボジティブ。ある意味無責任な言葉ではあるんだけど。

14年後に割と自分に「良い言葉だな、もうひとがんばり」と思わせてくれている。めぐりめぐって自分を助けてくれるのはなんと不思議な気分だし、ほんと14年もたつと過去の自分は他人に等しいのだな、とも思った。

だからいろんな言葉がすんなり入ってくるのだと思う。


関連記事

この記事のハッシュタグに関連する記事が見つかりませんでした。

最新記事

カテゴリー

アーカイブ