楽しそうな筆跡


まいど。ってことで久しぶりに日記。ブログ。
わかっているんだよね「文章は書かないとダメ」って思ってもついサボってしまう。
人の文章には知識も感情も助けらているのにね、って思いながら。

子供がポケモンにはまっている。特に小学校2年の次男。
いろんなポケモンを学校のクラスメートに頼まれては、一生懸命夏休み中に書いていたのだが。コロナもあってモノの貸し借りは禁止ということで、いまだ渡せないらしい。

いくつか子供に「選んでくれ」といわれて選んだポケモンのイラスト。切り抜かれたもの事務所の壁に貼ってみた。
うまいなと思う。よく欠けてる。丸い感じというのか。線がキャラクターになってるなって思う。
そう見ていくと

「ああ、描いてる最中もすごく楽しいんだろうな」

という想像がわいてきた。メッソンかわいいとか。形になるたびにいろんなわくわくもあるし、書くことが楽しいんだと思う。行為自体が楽しくて夢中になれる。素敵なことだ。

これはこれでもう完成して、このままこの「楽しい」をどうやって大人になるまで持ち運んでいくか。そこだけが課題のかなって思う。自分はこの気分が正直切れてしまっているので、コツコツ思い出したり積み重ね直したりが課題。あので、これについては子供が先生で大人の俺が生徒だ。完全に。

「ただのこどもの書いたイラスト」だけで終わらなかった観察眼があるから、まだいける。と思うことにする。


関連記事

この記事のハッシュタグに関連する記事が見つかりませんでした。

最新記事

カテゴリー

アーカイブ