子供にバイトをお願いしている。

会社の小さな封筒の在庫が切れてしまった。

これは正しくは「住所の直しをしていない」在庫だ。封筒を作ったとき、本社(実家)の住所を記載しようか、あるいは当時借りていた事務所の住所にしようか。悩んだのを覚えている。

実家に必要のない書類がいっても迷惑なので。そう思って当時の事務所の住所で印刷をしたのだが、結局今は実家の物置の一部を事務所にしており、本社の住所にいる。

そうなると封筒が困ったことになるのだが。こういう「自社アイテム」あるある。2000部だか、4000部だか忘れてしまったが、かなり大量に封筒を作成した。その方が一部当たりの単価がやすいのだ。

結局住所の違った封筒が大量に出来上がってしまった。もちろんこれを廃棄するのはもったいないので、住所の部分だけを訂正するスタンプをつくった。それを押したものを現在使っている。

話を最初に戻すと。切れたのは「スタンプで住所を修正した」封筒だ。

これをまた作ろうと思ったのだが、ふと「子供達のバイトにしよう」と思って、彼らに頼むことにした。今週はノーメディアウイークということで、テレビやゲームの時間に、いつもより厳しい制限があるのだ。言い換えればいつもより時間がある。

長男の方がより食いつくかな、と思ったら。次男の方が率先してスタンプをおしてくれている。1つ1円の子供ながらのブラックバイトだが、封筒は900部くらい渡した。全部やったら900円。子供にとっては大きなお金だ。

今日の朝もちょっと空いた時間に次男が30部くらい作業してくれた。長男が手を出してこないのは、きっと頑張って貯めた大きな貯金があるからだろう。心の余裕があるから、がっつかなくてもよいのだ。

次男は今日から週末の「スタンプを押す計画」を、朝から教えてくれた。空き時間でコツコツやってみるようだ。最終的にどれだけ稼げるかもわかっているから、やる気が出るのだろう。

長男もこのバイトに参戦してくるのか。あずけた封筒が全部使えるものになるのか。小さなワクワクがちょっとだけいつもより、多い週末。



更新 2022月10日21 09時32分

このブログを音声でもお楽しみいただけます。

関連記事

この記事のハッシュタグに関連する記事が見つかりませんでした。

最新記事

カテゴリー

アーカイブ