長男が明日で10歳

二桁か、という感じですよ。ほぼ突発的に結婚してから11年になるのかな。年齢が一桁であればどこまでも「子供」って感じだったけど、二桁に入るとどうあっても「少年」って感じになってくるね。それで良いのだけれど多少の寂しさが。

ここからスピードが色々変わってくるのかな。それともそうでもないのかな。色々思うことはあるけど。数字に区切りがついているので、勝手にそれに感じていることなのだとは思うけど。

自分の老い(誰でも基本老いている)の分量が子供の成長に等価交換しているような。そんな錯覚にも陥るけれど。そんなことは決してなく。子供成長曲線はもっと角度が急だし、自分の衰え曲線は、もっとゆるやかであると信じたい。いや、そういうふうにするのは自分の行動や生活次第だってばさ。願いではない。

ということで、特に何ということではないけれど。明日で長男は10歳になる。それについて思うことは、とにかく今日を無事に帰ってきてください、ということだ。そんだけ。

いろんな夢や希望は自分にも子供にもたくさんあるけれど。実際に積み重ねていくものは、そういう平凡な願いの積み重ね。


更新 2022月02日15 08時59分

関連記事

この記事のハッシュタグに関連する記事が見つかりませんでした。

最新記事

カテゴリー

アーカイブ