2つの72%チョコ

仕事の合間のおやつに、チョコレートを食べるようにしているのですが、カカオが多めのチョコレートを食べるようにしています。

アマゾンでまとめがいしちゃっているのですが、基本的には「明治 チョコレート効果カカオ72%」を食べています。これの1kgのボックスがあるので、それを注文して、コツコツ食べている感じです。

このチョコレートは1つ1つ小分け包装されているので、1箱食べ切らないと、みたいに焦らなくて良いのがいいですね。1枚あたりがちょうど良いサイズで、気になる酸味もなく食べやすいです。

このチョコレートを1年以上常食していたのですが、最近別のチョコレートの存在を知りました。それが「不二家 ルックカカオ72%」フルーツのチョコレートで有名な、あのルックです。なんとルックにも72%がありました。

こちらも購入してみたのですが、チョコレート効果よりも甘く感じます。そして同じように小分け包装されているのですが、1枚あたりの大きさがチョコレート効果の2倍です。厚みがあって食べ応えがある感じ。口に入れて溶かすと、なんともまったりとして重厚な味わいがあります。

同じ72%なのに甘さが違うなんて不思議な感じです。風味は違うだろうなとおもっていたのですが、甘さがここまで違うなんて、ちょっと驚きでした。

ルックのチョコレートを食べた後は「これからはルックの方がいいな」なんて思っていたのですが、今は気分にあわせて食べ分けている感じです。大きさも味わいも違うので、単純にどちらも選べる、ということ自体が便利で豊かだなと感じています。

ちなみにamazonではルックのチョコレートの方がちょくちょく品切れになることが多く、自分の中でちょっとしたプレミア感がある感じです。


関連記事

この記事のハッシュタグに関連する記事が見つかりませんでした。

最新記事

カテゴリー

アーカイブ