めずらしく小学生が家にきてる。

先日珍しく次男の友達兄妹が家に遊びにきた。コロナもあってあまり友達が来るということがなかったのだ。元々家自体が「誰でも頻繁に来る感じ」ではない、というのもある。どちらにしても、普段見ない不思議な光景だった。

子供たちは主にテレビゲームであそんでいるのだが、それぞれがゲーム筐体を持っていて、それぞれのゲームで遊んでいる。うちはSwitchは1台を交代して遊ぶようにしているので、ゲームがない子供は、普段やったことのないゲーム画面を覗き込んだりして楽しんでいる感じだ。

「今の子供は」と言いたくなる人もいるだろうが。この光景は例えばスターバックスに大人が数人集まっても同じだろう。各々の携帯を触りながら、手元は自分のことをしながら。お茶を飲んだり話をしたりしている。大人子供、関係なく。現代の様子なのだと思う。

1時間くらいで次の用事があるので、今日はお開き、ということになり。次男は明日もまた遊びたい、と言っていた。ところがここにきてコロナがかなり増えてしまっているのもあるので、親としては調整が難しい。ここで一気に外との交流のバルブを開き切ってしまうリスクを感じる。難しい。

どちらにしても明日は用事があるので無理だよと伝えつつ。家でひとりでやるようなことをみんなでやっているのだけれど。それでもみんなで集まりたい気持ちもよくわかるので。とはいえ、それぞれが自分のことやってんな、とか思いながら。

いくつかの矢印があっちこっちに方向を伸ばしながら、なんとなく子供達の1時間を見ている時間が終わった。



更新 2023月01日10 11時14分

このブログを音声でもお楽しみいただけます。

関連記事

この記事のハッシュタグに関連する記事が見つかりませんでした。

最新記事

カテゴリー

アーカイブ