このブログを音声でもお楽しみいただけます。

売ってる物の値段で、僕は仕事ができない。

「現代人は、文明の巨人の肩に乗っているなぁ」と思うことがある。

100円ショップに行くと、今でも大体商品は100円だ。セロテープみたいな小さなものから、A4書類のケースとか。最近だとキャンプ道具とか。いろんなものが100円で売っている。

100円ショップにあるもの全てが。僕にとって必要ではない。いらないものも多い。中には、自分にとってつまらないものもある。でも、これらを手に取っていつも思う。

「100円の報酬で、この商品を作るのは絶対無理だ」と。

食品でも同じだ。200円とか300円のバナナ。この金額でバナナの産地まで僕はいけない。

最近いろいろなものが値上がりして、苦労しているが。値上げされたその値段であっても。その金額でこれを作ってくれ、これを育ててくれ、と言われたら。僕には無理だ。

そんな金額なのに、世の中では平気な顔をして商品が売られている。これは人間の知恵や文明、流通や保存技術のおかげだ。これらがなかったら、僕らは身の回りの環境だけで、衣食住を作っていくことになる。

電池の作り方もわからない。LEDの仕組みも知らない。とっても暗くて不便の生活がそこには待っているだろう。僕はとことん、何もできないのだ。

全ては現代の文明のおかげ。その中の一員でいさせてもらうことで、例えば今このブログを書くことができている。

物の売値では、とても仕事ができない。だからこそ「商品やサービス、いろんなものに感謝しよう、謙虚でいよう」そういうふうにいつも思っている。

こんなもの、あんなもの。それらが口に出そうな時ほど、思い出すべきは「それすらも作れない僕」のことなのだ。



更新 2023月03日10 09時45分

このブログを音声でもお楽しみいただけます。

関連記事

この記事のハッシュタグに関連する記事が見つかりませんでした。

FileMakerシステム制作を中心とする「株式会社データファーム」という小さな会社の代表です。2007年から趣味で書いている日記を個人ブログとして現在も続けています。

最新記事

カテゴリー

アーカイブ