このブログを音声でもお楽しみいただけます。

テクノロジーが、人を信じなくなっている

Yahoo!テレビのサービスが終わってしまうと聞いてちょっとびっくりした。

我が家のテレビ欄としてすっかり便利に使っているのだ。無くなると、困ってしまう。

サービス終了について、詳しく見ていくと。

番組情報やテレビ欄は、引き続き別のサービスで継続されるらしい。

そうなると一体、何が終わるのだろうか?

Yahoo!テレビをもうちょっと見ていくと。番組情報にコメントがつけられることに気がついた。

このコメント欄。Yahoo!ニュースのコメント同様、なかなかの荒れ具合だ。

ものによっては、かなり見るに耐えないし、確実性の低い情報ばかり。

そういう情報で僕たちがどうなるのか。

結局、ちょっと目に入れただけでも。感情が不安定になったり、揺らされたり。

目に入れただけでも、損になる。生きてく上で全く必要がない。そんな感じだ。

SNSが台頭した。ということもあるけれど。

こういう「コメント系のサービス」は基本的にどんどん終わりになっていってる印象だ。

遥か昔の、インターネットが始まった当初は。

分断されていた人の意見や情報がまとまれば。集合知が生まれ、今までになかったメリットや効果があるのではないか。

そんな理想や夢のもと、最初に掲示板システムが始まったように思う。

それがブログブームになり、コメントになり。SNSになり。

不具合や、うまくいかない部分も。かなり目立ってきた。

あの頃は、人の可能性や力を信じて、ネットに言葉や情報を集め始めたのだと思う。

けれど、現在は。ネットやテクノロジーに

「人間の可能性は、信じるに値しない」

と判決を下されたような気もする。

さらにその先の、将来では。いろんなシーンで、ことあるごとに。

「ロボットに比べて、パーツの交換もできないし、替えも効かないし」

「人間って、めんどくさいよね」

と。人間が人間のことを「本気でそう思う」世の中になる。

そんな気もする。



更新 2024月01日14 09時08分

このブログを音声でもお楽しみいただけます。

関連記事

この記事のハッシュタグに関連する記事が見つかりませんでした。

FileMakerシステム制作を中心とする「株式会社データファーム」という小さな会社の代表です。2007年から趣味で書いている日記を個人ブログとして現在も続けています。

最新記事

カテゴリー

アーカイブ