このブログを音声でもお楽しみいただけます。

冬のハチミツ

毎朝、ヨーグルトにコーンフレークをのせて食べている。その上には、お好みでハチミツ。

このハチミツが、トロっとして。だんだんと出しにくくなって。ついには出せなくなるほどに、固まってしまうと。

冬がやってきたな、と感じる。

この固まったハチミツは、容器ごと湯煎してあげると。溶け出して、元に戻る。

元に戻ったハチミツは、またしばらくすれば固まってしまう。

面倒なのは、この湯煎の作業だ。

ハチミツが瓶に入っていれば。瓶の重さで、それほど湯煎も苦ではない。

ただし、瓶の容器は中身が取り出しずらい。

中身が取り出しやすい「柔らかなプラ容器入りのハチミツ」を好んで使っている、という人も。多いのではないだろうか。

容器の中には、上下逆さにして保管できるものもある。ハチミツが出る口が下向きのため、すぐにハチミツが取り出せるのだ。

我が家では、買ったハチミツをわざわざこの容器に入れ替えて使っている。それぐらい便利だ。

この便利な容器が、湯煎をするとなると。途端にめんどくさくなる。

容器が軽いため、湯煎しづらいのだ。

鍋に温かいお湯を入れて、その中で湯煎しようとしても。

容器が、ぷかぷかと浮いてしまうのだ。

さて、今回はどうしよう。とりあえず事務所のキッチンの前に立つ。

ごそごそと探していると、なんとも湯煎にぴったりな容器を見つけてしまった。それが

「プロテインをシェイクするための容器」

この中に熱湯を入れ、ハチミツの容器を入れる。

ぷかぷかと浮いてくるが、蓋ごとハチミツの容器を押し付け、ひねって締める。

これで完璧だった。

これからあと何度も。プロテインの容器と共に、春を待つのだ。



更新 2024月01日11 13時01分

このブログを音声でもお楽しみいただけます。

関連記事

この記事のハッシュタグに関連する記事が見つかりませんでした。

FileMakerシステム制作を中心とする「株式会社データファーム」という小さな会社の代表です。2007年から趣味で書いている日記を個人ブログとして現在も続けています。

最新記事

カテゴリー

アーカイブ