このブログを音声でもお楽しみいただけます。

Apple Vision Proが、将来のロボット社会を生み出す

先週の土曜日。奥さんの家族と一緒に、富士山世界遺産センターに行ってきた。

富士山にまつわる、いろんなことを展示している施設だ。

ぐるぐるとした施設を、ゆっくりと。さながら富士登山のように。展示を楽しんでいく。

ゴールの登りきったところに。日本の断層の、紹介展示があった。

先日、北陸で大きな地震があったこともあり。家族みんなで真剣にその展示を見ていた。

断層が重なり合い、その上に日本列島が乗っている。その展示を見ながら、

「断層や日本列島の位置を、もっと上から見たり、下から見れたら。内容がすごく伝わりやすくなるよなぁ」

と思った。その後続けて

「こういう学習も、今後はVRゴーグルを使って。平面ではなく、立体で具体的に学ぶようになるのだろうなぁ」

と思ったのだ。

3Dのデータを、そのまま3Dで見たり触れたりする。これができるようになると。

今よりも「立体を扱う」ということが。簡単で、当たり前になるだろう。そうなったら。

ものづくりの現場では。今よりも「もっと効率的で、効果的なもの」が生まれると思う。

昔よりも今の方が、歌が苦手な人が少ない。

この変化の要因として「音楽を再生する、機械が。世の中に浸透したこと」があるらしい。

「歌う」ことではなく、「聞く」ことが。下地になったのだ。

同じようなことが、今度は3Dの世界でも起きると思う。その効果は、世の中のどの分野に波及するのか。

僕は「ロボット文化」に波及すると思う。

既にいろんなVRゴーグルが作られている。けれど「ニッチな商品、ニッチな市場」の枠を出ない。

Apple Vision Proが。この市場を「ニッチ」から「一般」に押し広げるのではないか。

その結果、世の中に。より便利なロボットが、たくさん生まれてくるのではないか。

そう思っている。



更新 2024月01日16 08時54分

このブログを音声でもお楽しみいただけます。

関連記事

この記事のハッシュタグに関連する記事が見つかりませんでした。

FileMakerシステム制作を中心とする「株式会社データファーム」という小さな会社の代表です。2007年から趣味で書いている日記を個人ブログとして現在も続けています。

最新記事

カテゴリー

アーカイブ