このブログを音声でもお楽しみいただけます。

Adoさんは偉い。こうやって社会は変わっていく

歌い手のAdoが「自分とコラボしてくれた作品に寄せられるコメント」について。自分の意見を表明していた。

https://twitter.com/ado1024imokenp/status/1750413825067901318

彼女の成人時のコメントも立派だった。今回のコメントも非常に素晴らしく、さらに彼女のことを好きになった。

まずはマイナスの意見や、否定的な意見も含めて、表現や意見の自由を尊重する。

その上で、自分の考え方や感情について表現する。誰かに書かされた文章ではなく。きちんと本人が書いたと、説得力のある文章。

内容も簡潔でわかりやすい。ものすごく素晴らしいと思う。

さらに素晴らしいのは、きちんと「自分が拒否したい」ものを。その性質と理由を述べて、説明していることだ。

アーティスト本人にも、意見や聴衆を選ぶ自由がある。来てほしくない人には「来ないでほしい」と、しっかり自分で表明している。

こういう問題が起きたとき。一昔前なら「時間が経って、事件が沈下するのを待つ」ことが多かった。

あるいは「お客様は神様」の言葉を、勝手に拡大解釈して。とにかく謝罪する、我慢する。

でも今回。Adoはそうしなかった。それが素晴らしい。

彼女の最後の一文も。時代と、変化を感じる文章だ。

彼女が「傷ついた」ということを。最後に、きちん早急に表現したのだ。

最後にそれを書き記した、ということは。それが、彼女が一番表現したかったこと、だと思う。

必要悪や、有名税ではない。一人の人間として。きちんと「傷ついた」と表現した。

こういうことが、すぐに社会や時代を変えるわけではない。

けれど、こういう事象に触れた若い世代が、社会にどんどん進出するにつれ。時代の雰囲気は変わっていく。

その時に、取り残されるのは。僕らのような年寄りだ。

そんな僕らにも。今の若者のような時代があり、時代の真ん中にいることもあった。

でも、こういう変化によって。僕らの居場所や考え方も、時代の川の隅になっていく。

このままいれば、川の流れから外れてしまうだろう。

こういうものは、見えないのだ。

だからこそ、新しいものや若い時代に。耳を傾け、感じて、想像するしかない。

価値観が、その場所に居続けるということは。

「間違いになる」ということではなく。「正しくなくなる」ということ、なのだと思う



更新 2024月01日26 09時55分

このブログを音声でもお楽しみいただけます。

関連記事

この記事のハッシュタグに関連する記事が見つかりませんでした。

FileMakerシステム制作を中心とする「株式会社データファーム」という小さな会社の代表です。2007年から趣味で書いている日記を個人ブログとして現在も続けています。

最新記事

カテゴリー

アーカイブ