このブログを音声でもお楽しみいただけます。

長男の作った、わけのわからない怪物。

「LaQ」という知育ブロックで、長男も次男も。いまだによく遊ぶ。

よく遊ぶというか、毎日遊んでいる。いや、遊ぶと言うより「使っている」という感じだ。

思い返してみると。夕飯を食べた後。長男も次男も、LaQで何かを作りながらテレビを見ている。

その後の、ちょっとした時間も。LaQで何かを組み立て遊んでいる。

はまっている。いや、もはや生活習慣の一部だ。

そんなこんなのLaQライフのある日。長男が「ただただ背の高い」と言う怪物を作り始めた。

最初は30センチ。次は40センチ。

手もない、ただ足が2本あるだけの怪物。高さだけが唯一のアイデンティティーだ。

この高さが、だんだんとエスカレートして。50センチ60センチと、大きくなっていった。

そうなるとバランスが難しい。組み立て強度の問題も出てくる。

身長が伸びると、置き場所にも困るのだ。

我が家の低い本棚の上がLaQ置き場になっていて、壁側には時計がある。時計が見えなくなっても困るのだ。

怪物のバランス、強度、そして置き場所。

それらを少しずつ、改良して挑戦しながら。ついに、身長が1メートルを超えてしまった。

これを作ろうと思いたって、実際にここまで作りあげた、長男の凄さ。

来年には中学になるその長男を、幼少期からいまだに虜にし続ける、LaQというブロックの凄さ。

そのどちらにも、大いに感心してしまった。

あまりに大きい怪物なので、記念に写真を撮った。

その数日後、怪物はどこかに消えてしまった。

今はもう、怪物はいない。解体されて、次の何かに生まれ変わっている。



更新 2024月01日24 08時54分

このブログを音声でもお楽しみいただけます。

関連記事

この記事のハッシュタグに関連する記事が見つかりませんでした。

FileMakerシステム制作を中心とする「株式会社データファーム」という小さな会社の代表です。2007年から趣味で書いている日記を個人ブログとして現在も続けています。

最新記事

カテゴリー

アーカイブ