子供の方が歩くのが早くなった

土曜日に予定もなく家族みんなで散歩をした。お昼に食べたいものが違うので、俺は長男と、妻は次男と一緒に徒歩でお昼のお店まで歩くことにした。

希望のラーメン屋まで歩くも、機械の故障で12時からの開店。まだ11時過ぎ。もう少し歩いて先の店を探そうということになった。

前の事務所の近くまできた。さらに歩くと焼肉屋があり、長男が「焼肉が良い」というのでそこにすることにした。入り口を見ると11時30分開店。まだあと10分ほどある。

もうちょっと先に進んで、まだ入ったことのないドラッグストアにはいって時間を潰した。そろそろというところでドラッグストアを出て店に向かった。

駐車場で、少し歩くと長男が少しずつ離れていく。あ、俺の方が歩くの遅いんだなってちょっとびっくりした。長男の歩幅を見てみるが、俺よりも小さい。でもピッチが早い。それがじんわりと距離が離れる原因だ。

長男のピッチにあわせて歩いてみる。差は縮まってきた。でも油断すれば離されてしまいそう。

身長、筋力。どれをとってもそのうち抜かされるだろうというイメージはしていたけれど。歩く速度は全く考えたことがなかった。それが一番最初にやってくることも。

ピッチを上げるのはまだ苦ではない。これから一人で歩くときは、もう少しピッチをあげて歩いてみようと思う。

一人で歩く時間に。ライバルのように長男を頭のどこかで意識する日が訪れたのだ。


更新 2021月12日06 18時42分

関連記事

この記事のハッシュタグに関連する記事が見つかりませんでした。

最新記事

カテゴリー

アーカイブ