コロナが広がってきて色々よくわからない

センシティブな内容ですけれど。まあ、だいぶ疲れますよね。トンガのかつてない大規模噴火とかもあるし。

生活で見えてこないんですけれど、やっぱ昔よりも自給率は落ちてるんだろうなと。文化が発達して豊かさを享受するためには、小さな循環ではなくてグローバルな循環が必要になる。

そうなると世界を巻き込んだ大きな循環が、文化的にも経済的にも必要になる。それを選択すれば小さな地域単位での自給率は、そりゃ下がりますよね。そういう風に自分なりに理解しています。

なので

  • コロナで働き手が職を失ったり、
  • コロナに罹って働き手が動けない

となると。循環も滞るし、スピードは鈍る。そうなると。

  • モノの生産が追いつかない(モノが少なくなる)
  • モノの移動速度と量が少なくなる(モノが届きにくくなる)

結果としてモノは不足していくんだろうな、と勝手に思っています。

そうならないように経済を回さないといけない。そうでなくても稼がないとみんな困るので。飲食店の自粛問題などは、特に影響を受けるところだろうと思います(自粛要請が具体的にかかってくる業種なので)

オミクロンについては「インフルエンザと同じ」「それ以下」とか色々捉え方がありますが。基本的にはインフルエンザでも風邪でも「かからないにこしたことはない」ので

  • 手洗い
  • 換気
  • アルコール消毒
  • マスク
  • 人混みをできるだけ避ける

を家族としては継続して徹底です。一応自分なりに優先順位の高いものからあげてるのですが、冬場で特に今年は寒いこともあり

  • 手洗い
  • 換気

が正直抜けがちになってるかな、と思います。また、そういう生活が健康を損ねたり(運動量が減るので)ストレスを増やしたりするので。そのあたりをどうやって解消するのか。

子供たちも含めて、「いつもの生活の延長線上」らしく生活する、というのはやはり難しいところも多いです。特殊さを隠すことにはなるので。

子供の水泳教室にしても「コロナがだんだん増えてきてはたして行かせて良いのかな?でも運動することも大事だし。水なら流れて大丈夫なのか?どうなん」など。

色々我慢や自粛に慣れすぎて。ボーダーの上げ下げがよくわかんなくなってきてるところもあります。

長男は週に1回清水に行く日があるのですが。電車で行けるようになったのですがこれも車の送迎に変更です。親の負担も変わってくる。

いろんな変化について

  • この現状を把握して、現状に対して対応する

ってのはやっぱ大変です。変化を捉えることや、変化の幅についていくのが難しい。

そうなると正常化バイアスかかってくるのですが。はたしてこの正常化バイアスに沿っていいのか、そうでないのか。オミクロンは風邪なのか。そうでないのか。

みんながコロナにかかったら、弱毒性とはいっても結局患者総数が増えて医療の圧迫が増える。通常の病院機能は落ちて、それが私たちのいざという時に影響するのではないのか。

いろんな手が必要だ。いやいや少子化高齢化社会ですけど、みたいな。

そういう感じで疲れもでるので、昨日一番搾りを1缶飲んだのですけど、なんか冷えすぎてるせいか味も薄く感じて、対して美味しくなかったです。


関連記事

この記事のハッシュタグに関連する記事が見つかりませんでした。

最新記事

カテゴリー

アーカイブ