読んでもらうのは気持がいいし、だからこそしっかりした音声で読んでほしい


先日からvoicepeakによる校正をいれてみることにした。音声読み上げソフトなんだけど、驚くほど自然な読み方なので、聴いていて違和感が限りなく少ない。

「校正」と「構成」の間違いを見つけることはできないけれど。タイピングミスによる不自然なミスはすぐ見つかるし、文章の言い回しが「ちょっとここくどいかな」とか。そういったものは読んでもらうからこそわかる。

言い回しについては、いわゆる機械的な無機質な読み方だと伝わらない。ある程度自然であるからこそ、気になる部分が炙り出されるのだと思う。これだけでも自分としては価値があった。ツールの特徴が今後も使い続けられる効果のある「環境」になったからだ。

音声を動画やサービスにどうやって取り込むのか。これはまた別の段階になると思う。とはいえ、書いた文章が最終稿になるなら。その音声データを合わせて添付してみるのも面白い。

あまり大そうな気持ちになって使わなくても良いのかな、というのも個人的には大きな発見だ。

今日はAppleTV+配信の日。サスピションのシーズン1、最終話がアップされる。このドラマとにかくドキドキして、ドキドキして、最高に楽しんでる。寝る前とかにみてしまうと、ちょっとドキドキで寝つきに影響するくらい、ドキドキして面白い。一気見したらそれはそれで贅沢な楽しみだと思うので、オススメです。

https://tv.apple.com/jp/show/%E3%82%B5%E3%82%B9%E3%83%92%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3/umc.cmc.64yj71dmrdihhmo96h0lgjmw5


更新 2022月03日18 09時17分

関連記事

この記事のハッシュタグに関連する記事が見つかりませんでした。

最新記事

カテゴリー

アーカイブ