玉ねぎ塩麹をホットクックでつくる。

ホットクックを3年くらい使っているんですが、割と切らさずに作っているのが、この玉ねぎ塩麹です。

ホットクックの塩麹メニューで作るのですが、水の分量を変更します。

ホットクックの塩麹メニューは

  • 米麹(乾燥・一粒ずつにばらしておく)200g
  • 水300mL
  • 塩60g

となっていますが、玉ねぎ塩麹の場合は

  • 米麹(乾燥・一粒ずつにばらしておく)200g
  • 水100mL
  • 玉ねぎのすりおろし200g
  • 塩60g

という感じになります。水の減らしたml分、玉ねぎのすりおろしをgで追加する、と覚えてます。

新玉ねぎの場合は、水を0にして、全部を新玉ねぎにするといいと思います。

ホットクックで完成後、ブレンダーでドロドロにして、使いやすい形にしてタッパー容器で保存して使っています。

この玉ねぎ塩麹なのですが、ローストビーフを作るお肉を、漬け込んで下味つけてもOK。野菜スープにコンソメのかわりに使ってもOKの優れものです。コンソメよりも野菜の濃厚さは少し落ちるので、他の調味料と合わせても良いと思います。

味の濃厚さが少し落ちると書きましたが、だからこその魅力もあります。

先日ホットクックでポテトサラダを作ったのですが、玉ねぎのみじん切りを入れずに、味付けをこの玉ねぎ塩麹とマヨネーズでやりました。これが玉ねぎを入れるよりも玉ねぎの風味があって美味しかった。

それ以外にもポン酢とまぜると、青森の源タレを彷彿とさせる焼き肉のタレになります。醤油と味醂とあわせても、てりやき風で美味しい。だいぶ潰しが効く、万能調味料なのです。

ということで、ホットクックをお持ちの方、よかったら玉ねぎ塩麹、やってみてください。

冷凍も可能なので、一気に作って作りおいても大丈夫です。カチカチに凍らず、さくっとスプーンがはいるので、冷凍庫からすぐに使える点も便利。


関連記事

この記事のハッシュタグに関連する記事が見つかりませんでした。

最新記事

カテゴリー

アーカイブ