過剰な表現になれてしまうと、その出現回数も過剰になって、周りから引いてみられてしまう。

昔のテレビだったり、バラエティだったり。いろんな媒体で面白くしようとして「過剰な表現を使う」場面がある。これ自体は僕は全く問題ないと思っているのだけれど、子育ての場面ではやはり面倒になることが多い。

テレビで冗談で言ってる「死ねー!」というセリフを、子供もそのまま使ってしまう。子供はそれが面白かったから、その面白さの感動のまま使うのだ。

そこに親は訂正を入れる。「あれはテレビだからそういう表現を使っているけれど、友達とかにそういう言葉を言ってはダメだよ」子供は理解するけれど、理不尽な部分もあるだろう。だったらなぜテレビでそんな言葉を使うのか。でもそれでいいと思う。

生活の常識とエンタメの常識。世の中にはいろんな現場の常識があるし、それらを一つ一つ覚えていけばいい。言葉自体の棘の問題もあるけれど、それ以上に「どういう意図でその言葉を使うのか」という、その人の意思や意図。それらの源泉を育てていくことのほうがもっと大事だ。

大人はわかっているのに。それでも、そういう過剰な表現が気持ち良くなる場所がある。それがSNSだ。大人も、そして子供もSNSの毒気には結構弱い。

SNSでは発言は言葉にするのではなくタイプする。音にならない。そして過剰な表現は、同じ意見を持つ人には賞賛されやすい。賞賛はいいねの数に変わる。いいねの数と積み重なるスピードが、自分も気づかなかった承認欲求を満たす、この上ない体感になる。それが癖になると、また過剰な表現で、同じリターンを得ようとする。

こういうことを自然と、自分が気付かぬうちにやってしまうこと。過剰な表現とSNSの組み合わせの怖さだ。過剰な表現とSNSは混ぜるな危険というよりも、ダメ、絶対に近い。幼児と老人が似ているように、この両者がよりこの魅力に取り込まれやすいのも怖い。でも中年でも青年でも。怖いのは実はみんな同じだ。

これらを自覚するには、一度ツイートを音読してみるのも良いと思う。あるいは音読してからツイートする、とか。そんなのめんどくさいと書いている自分も思うのだが、そうしなければいつまでも気付けないと思う。

立ち止まって、手間をかけて、確認する。この沼はとにかく落ちるスピードが速い。できるだけ早く気付かないと、取り返しのつかないことになってしまう。それが一番怖いのだ。

「声に出したいツイート」を目指すくらいでちょうどいいと思う。「声に出せないツイート」を自分が気がつかないうちに量産してしまうと、その時には自分の周りにいた人は、そっとその人をミュートして遠ざける。それでもフォロワーの数は変わらないから、そのことに気づくチャンスはない。SNSは試練だ。


関連記事

この記事のハッシュタグに関連する記事が見つかりませんでした。

最新記事

カテゴリー

アーカイブ