善意の声は小さい

ちょっとそういう現場に出くわしたって感じなんだけど。理不尽なクレームほど声が大きくて。その上そもそも理不尽は負荷が高いこともあって疲れてしまう。疲れることが大声でやってくる。そうなると「自分のやってることは喜ばれてないのかな」と誤解してしまう。

理不尽な人は声が大きいほどクレームがよく届くことをわかっている。計算だったり、あるいは本能だったり。数を増やすと効果があることもわかっている。

でも実際はそういう人はごく一部だ。世の中のごく一般的な仕事に対して、少なからず人は満足しているし、そのおかげで社会は成り立っている。特濃の感謝はないにしても、きちんとありがたみを感じている人が99.9%の世界だ。

ただその人たちの声は薄い。あるいは小さい。ほとんど聞こえない。小さな声はどれだけ集まっても小さいままで、当事者には届かない。届くのは善意・悪意関係なく大きな声だ。その仕組みが悪意によって利用されやすい。

10000人が満足していても、5人が大きく不満を訴えたら。当事者には5人の不満しか聞こえない。自分に対するリアクションは100%悪意、ということになり、すっかりメンタルが疲れてしまう。そんな仕組みだ。10000人は姿形も見えない。認識されていない。

これがまずい状況だと思ったら、善意の側もきちんと声をあげることが大事だ。でも大体において善意の人は目立つことを嫌う。人が良く「わざわざ声をだすのもどうか」と思うし、言ってしまえばわざわざ声を出すのが面倒だ。そこまでして、という気持ち。

良い声と悪い声の特性が、ちょうど凸凹のようにぴったりとハマってしまっているのかな、と思う。

なので。先日出会した現場できちんとお伝えしました。

「善意の声は届きにくいですよね。感謝してる人がほとんどで、いっぱいいます。大丈夫です。僕も感謝してます」

これについては論より行動が大事。善意の声をもう少し大きく、数をふやせるようにしたいなと思います。


関連記事

この記事のハッシュタグに関連する記事が見つかりませんでした。

最新記事

カテゴリー

アーカイブ