リモート勤務が「VRオフィスにリモートで出社」になったらどうなるのか。

リモート勤務という形式があるのだけれど、うちもそれはできるようになっている。元々自宅が事務所になっているようなものなので(通勤時間が1分)リモート勤務のようなものだ。

また、パソコンを使った仕事なので、事務所街の場所にいって仕事をすることもできる。ネットワークがしっかりしていることが条件になるけれど。ネットワークさえあれば、基本ノートパソコンひとつで仕事ができる。

自分がすっかり会社勤めや通勤電車から当座買ってしまったが。東京にいた当時(もう20年前)は片道1時間くらいかかっていた。今もそういう人は多いだろう。こういう人にとってリモート勤務は魅力だと思う。移動時間をまるっと別のことに当てることができるし、暑い寒いのコントロールが効かない通勤事情にも縛られない。

だからリモート勤務がいい。こういう人たちの中にはひっそりと「自宅で自分一人で仕事ができるのが良いのだ」という意見。これもあると思うのだ。時間とエネルギーを節約する、という理由だけがきこえがちだけど、こころ模様はきっとまた別だ。

僕はVRが好きなんだけど、VRにバーチャルデスクトップを作ってそこで仕事をするアプリがある。Metaからもいろいろなコラボツールが出つつあるが、そのうちに「オフィスをVRで用意しました」ということも当たり前になるだろう。実際今現在でもできなくもないけれど。

「リモート勤務で結構です。そのかわり勤務時間内はVR内のオフィスでチームで作業しましょう」となった時。どれくらいの人がOKしてくれるのかな、とふと思った。こうなった時にまた色々一悶着あるような気がする。

VRがもっと目に優しくなったら。個人的にはVRのオフィスにどんどん出社したい。一人でやるのもわるくないけど、コラボワークでこそ進むことも多いので。なので出社が悪、みたいな風潮は個人的にはないかな。


更新 2022月08日23 16時49分

このブログを音声でもお楽しみいただけます。

関連記事

この記事のハッシュタグに関連する記事が見つかりませんでした。

最新記事

カテゴリー

アーカイブ