adieuの「よるのあと」は悲しみ以上に美しい

「あなたが嘘をつかなくても、生きていけますように」

で始まるadieuの「よるのあと」この曲を初めて聴いた時に。最初のフレーズの美しさにびっくりして、一発でこの曲が好きになってしまった。

歌を聴きながら、歌詞が一つ一つゆっくりと、でも確かに頭の中に入ってくる。悲しい曲、でもそれ以上にひとつひとつ、言葉が美しくて、不思議と心が落ち着くのだ。

「よるのあと」とあるけれど。寝る前、自分の夜を終えるために。静かな気持ちになるというより「夜を静かにさせる」ために聴きたくなる。稀有な曲だと思う。

悲しさが伝わる以上に心が落ち着いたり、静まっていくと感じるのは、adieuの声の透明さと、奇跡のような日本語の歌詞の美しさ、儚さ。それらが一体になっているせいだと思う。

曲を書かれた塩入冬湖さんも、この歌詞と曲を相当大事になされていたようだけれど。adieuの声に託したことで、この曲に対する色んな願いが叶ったのではないかな、と思う。

この曲の歌詞を聞いていると、途中でいろいろゆらゆらする。好きと嫌い。愛と未練。愛してるとさよなら。そういう色んな不安定が、トントンと優しい扉のノックを重ねるうちに、静かにゆっくりと溶けてしまうような。曲自体の持つ、そういう優しさが特に好きだ。

優しく、悲しみを握りつぶしてくれる。なんとなくそんな曲だと思う。


更新 2022月09日01 13時05分

このブログを音声でもお楽しみいただけます。

関連記事

この記事のハッシュタグに関連する記事が見つかりませんでした。

最新記事

カテゴリー

アーカイブ