ナイキトレーニングクラブのヨガを、最近はまたよくやっている。

以前にナイキトレーニングが改悪された、とブログを書いたが、その日記に「このまま続けていこうと思う」とも書いた。新しいトレーニングが悪いところばかりでもないからだ。

そして今ナイキトレーニングの新しいプログラムにも好きなものが増え、ここがこうだったんだ、と新しく発見することも増えた。その辺りをちょっとだけ書いてみたいと思う。

ヨガメニューは、基本的にリッチになっている。

ヨガはメニューにもよるけれど、基本的に「体操的な方向」から「より呼吸と全体の流れ」を重視するようになった。運動負荷をかけることよりも、呼吸とストレッチに集中できるようになっていて「ヨガ」という運動を考えると、この方がいいと思った。

先の運動が見えなくなったり、飛ばせなくなっているのは最初は不便に感じたが、それすらも気にしないでヨガに集中できる方が良い。新しいプログラムでそれに気がついた。



30分の陰ヨガ。これが一番気に入っているメニューなのだけど、やり出してしまえば自分の体や呼吸を意識しながら、さながら自分と対話をするようにヨガができるので、気に入ってる。そういう集中をさせてくれるし、やり終わると体が気持ち良いのだ。

動画に出てくるブランデンが、最初は大した返事もしないのだが、終盤早口に色々と捲し立てる感じで喋るのも気に入ってる。

このメニューもそうだが、いくつかは運動専用に作られただろう音楽も流れる。これも心地いい。以前は音楽はなく、その代わり好きな音楽をかけていたのだが。新しいヨガの音楽はすごく流れが良くて気に入ってる。割とモダンな音作りで、この辺りもすごくお金と手間がかかってリッチになっている。

肩こりに残り3分で劇的に効く、9分のメニュー

こちらは日本のインストラクターで、吹き替えではなく日本語がそのまま。日本独自のメニューなのかもしれない。音楽はついてないので少し寂しいけれど、9分なので、そんなことを気にしている間に終わってしまう。

このヨガメニューは残り3分で一気に肩の可動域を「ここまでストレッチできるのか」って位に動かしてくる。体重をかけて肩を動かす形にもなるので、すごい肩こりに効く。



今までいろんなナイキトレーニングのヨガをやってきたけど、短時間でここまで肩こりに効くヨガは初めて。これをやるときは最後の3分を想像して、少しだけ覚悟を決めてからやる。

そんなに残り3分がすごいなら、そこだけやればいいじゃないか、と思うかもしれないけれど。その前の6分がしっかりとした事前準備になっていてこそのメニューだと思う。

ベッドでもできる朝の準備ヨガ



このヨガはベッドでできますよ、とは書いてないけれど。実際にビデオをすすめると「ベッドでもできますよ」といってる。場所を選ばずにできるので、そこがおすすめ。

ベッドでもできる分、運動負荷は少し物足りないかもしれないけれど。つい運動を忘れがちになっていたり。あるいは、必ず毎日運動を続けたい、というような時に。小さな運動として、すごくやりやすい。

ベビーポーズとか、腰回りの左右のストレッチなど。つい運動を避けていると固くなりそうなところをしっかり抑えているので、起き抜け、寝る前のどちらにも取り組みやすいと思う。

すっかり不満は消えてしまった。

ということで。これだけナイキトレーニングのヨガについて書くことも珍しく、またこれだけ書けるということは、すっかり新しいヨガメニューが好きになってしまった、ということだ。

新しいメニューはとにかく「全体の流れ」に重点を置いているのが特徴だと思う。また、全てのメニューが良いかというと、その辺りは個人の好みが大きく影響するので、とにかくザッピングするかのように、まずは色々試してみるのがいいと思う。

その際はめんどくさい、ではなく。楽しんでみる、という気持ちで。実際僕もまだ半分くらいしかやってみていないので、まずは一通りヨガメニューを試してみたいと思っている。



更新 2022月09日20 14時08分

関連記事

この記事のハッシュタグに関連する記事が見つかりませんでした。

最新記事

カテゴリー

アーカイブ