首掛けアクションカメラホルダーを買った

しばらくamazonで買い物をしていなかったのだが、悩んで最近購入したのが「首掛けアクションカメラホルダー」だ。Youtuberでもない自分がこれを買うのは、いくつか段階的な理由がある。

まずVR。自分はMeta Quest2を持っている。これを使うと360度動画を見ることができる。このようなVR動画にはいくつか種類があるのだが、180度3DVRという動画形式もある。



通常2つの魚眼レンズで、前後180度ずつ撮影する。180+180。これが360度動画の原理だ。

この魚眼レンズを横に二つ並べると。視野角こそ180度だが、昔流行った3Dテレビのように、ステレオで録画をすることができる。これが180度3DVR動画だ。



2019年にInsta360というメーカーから「Insta360 EVO」というカメラが発売された。これは360度動画だけでなく、180度動画も撮影できる、かなり前のめりなカメラだ。僕はこのカメラも発売当時に購入している。

  • Meta Quest2
  • Insta360 EVO

この二つが揃うと、自分の家族動画をVRで見ることができる。体験できる人間はかなり限られてしまうのだが、180度3DVR動画は

  • 思い出の中に自分がいる

という体験ができるのだ。あの日あの時あの場所に、自分がもう一度入ることができる。

2Dの写真や動画は、それがどれだけ綺麗なものであっても

  • 写真を見て
  • あの時を思い出す

という感じだろう。でも180度3DVR動画は違う。

思い出はこの形で残したい。だが、最近は子供がいよいよ活発になり、手にカメラを持ちながら対応するのが厳しいのだ。

せっかくのカメラが使えなくなり、一度しかない子供の時間がどんどん過ぎていく。勿体無い。

そう思っていよいよ購入したのが「首掛けアクションカメラホルダー」ということなのだ。

実際にテスト撮影してみたら問題なくいけそうだ。こういうものを通販で買うのは賭けの部分もあるのだが、悪くないものを選べた。いつも使ってるバッグにもなんとか入ったので、常に携帯することもできる。

Insta360 EVOは後継品が出ておらず、故障したらそこでおしまいだ。壊れてほしくはないのだが、壊れてしまうその時までに。まだまだ家族の動画を残したい。



更新 2022月10日03 08時31分

関連記事

この記事のハッシュタグに関連する記事が見つかりませんでした。

最新記事

カテゴリー

アーカイブ