コロナとマスクと。

コロナがかなり身の回りに忍び寄ってきている。ついにか!というのと、今か!という気持ち。

先日も銀行の営業担当さんに小さなお願いをして。翌週知らない担当さんがいらした。聞いてみると「いつもの担当がコロナになって」とのこと。

マスク同士で会話したものの、それなりの時間を対面で話したけど、はたしてどうなのだろう。今のところ俺は元気だ。

あるいは近所でも「子供がコロナになってしまった」みたいな話も聞く。信ぴょう性はさておき。「学校の誰かが」という話だったのが「近所の誰かが」になって、距離が近くなった。

初期に比べれば弱毒性になってきているので、命の心配はそれでもだいぶ減ったか。とはいえ、コロナにかかりたいとは思わない。後遺症もふくめて結局は人それぞれだし、だからこそ。かからないにこしたことはない。

棟こそ違うが、同じ敷地に老夫婦が住んでおり、歳も歳だし疾患もあるので、コロナを移すわけにもいかない。自分の命はさておいても。まわりの命のためにもかかるわけにはいかない。

かかってしまったらしょうがないのだけれど。かかるとあれこれ面倒だ。回ってるものも、回らなくなる。

と、ここまでコロナについて書いてきたが。コロナでも、インフルエンザでもこれは一緒だ。かかりたくないし、誰かにうつしたくもない。コロナが、とか、インフルエンザが、とか。主語になる病気に関係なく、できればかかりたくないのだ。

年末は、そうでなくても色々行事が多い。近所の子供会のクリスマスパーティーが今週末にあり、子供会の会長である妻も気がそぞろだ。色々準備してきても、コロナの子供がある程度でたら、中止しないといけないかもしれない。「かもしれない」が多いと人は消耗するのだ。

そういういろんなことを総合すると、引き続きマスクをして。いろいろ用心しながら過ごしたい。欧米がとかどうでもいい。ここは日本だ。周りの人がどうしたか、もどうでもいい。俺の課題だ。

とにかく、年末にコロナが少し近づいて。いろんなものがふわふわバタバタし出している。こういう感じを引き金に大きな事故や怪我につながらないようにしたい。もちろん病気にも。

今のところ、俺は元気だ。



このブログを音声でもお楽しみいただけます。

関連記事

この記事のハッシュタグに関連する記事が見つかりませんでした。

最新記事

カテゴリー

アーカイブ