このブログを音声でもお楽しみいただけます。

ChatGPTに画像を見せるのが楽しい。

ChatGPTに課金をしている。

最初は「使うときだけ課金しよう」と思っていたのだが。

いろんなことにちょこちょこと使い始めて。最近ではAdobeのツールより、圧倒的にこちらを使う方が多い。

10年前は「Adobe製品がなければ仕事ができない」と思っていたけれど。

今では「Adobeはそろそろ辞めたいな」と思ってるくらい。

その代わり「ChatGPTはまだまだ使っていきたいな」と思う。

ChatGPTは、今までなかった製品だ。それが、日毎、月ごとにいろんなアップデートをして、新しい機能を追加していく。この辺も、使い続けたくなる一因だ。

先日、ChatGPTに「画像を読み込ませる」ことができるようになった。

画像を読み込むと「その画像に何が映っているのか」を理解するのだ。

そこで。次男が作った「ネットバックを切り裂いてハンモックにして、その上にぬいぐるみが載っている写真」を、ChatGPTに読み込ませてみた。

すると。とってもびっくりしたことに、全く正しくこの写真を理解していた。

次男が作った、このネットハンモックを。

それが「独創的である」という感想も加えて、ChatGPTが次男の想像力を褒めてきたのだ。

親が子供に対してするべき、まさに模範解答。そのことにも驚いてしまった。

写真を読ませて、どういったことに活用すべきか。いろんなことを想像しては、すぐに試せる。

この辺も、ChatGPTの面白さだと思う。



このブログを音声でもお楽しみいただけます。

関連記事

この記事のハッシュタグに関連する記事が見つかりませんでした。

FileMakerシステム制作を中心とする「株式会社データファーム」という小さな会社の代表です。2007年から趣味で書いている日記を個人ブログとして現在も続けています。

最新記事

カテゴリー

アーカイブ