このブログを音声でもお楽しみいただけます。

遺言状を書いてみようかな、と思い始めている。

全く健康で、病気も何もないけれど。その上で

「ちょっと、遺言状を書いてみようかな」

と思い始めている。

後に残す資産があるわけでもなく。ただ、もし今。子供の成人前に、僕が亡くなくなるようなことがあれば。

教育の指針や、妻や子供達へのメッセージが、どこにも残っていない。このことがちょっと気になり、ぞわぞわとしてきたのです。

まだきちんと言葉になっていない「今後の教育についての思うことも」もあります。

それらを一度、書き出して。整理整頓してみる。

それはそのまま、遺言状でもあるのかな、思ったのです。

人生は80年とも、100年とも言うけれど。ちょっと前までは人生50年、とも言われていました。

仮に100年生きるのなら。健康で頭が明瞭であればこそ、なおありがたい。

僕個人としては。何となく「60歳までは、なんとか大きな問題なくいけるかもな」と根拠なく思っています。

でも、そもそも運の問題もある。今後が常に万事安全、確実とは言い切れません。

なので、ひとまずの区切りが60年。その約10年手前のタイミングで、遺言状があってもいいのかな、と。

「遺言状を書く練習」位の気持ちで。

とりあえず書いてみて。後で都度、変更があったら、変更して。

そんな感じで、気軽に取り組み始められるかなと思ったのです。

あくまで、子供達の成人に向けての遺言状なので。子供達に伝え終った内容は、削除することになります。

なので、歳を重ねれば重ねるほど、内容は少しずつ消えていく。

そんな遺言状になるのかもしれません。



更新 2023月12日01 09時10分

このブログを音声でもお楽しみいただけます。

関連記事

この記事のハッシュタグに関連する記事が見つかりませんでした。

FileMakerシステム制作を中心とする「株式会社データファーム」という小さな会社の代表です。2007年から趣味で書いている日記を個人ブログとして現在も続けています。

最新記事

カテゴリー

アーカイブ