このブログを音声でもお楽しみいただけます。

ちょっと辛い、ちょっと苦い。

週末の夕飯に、珍しく近所のカレーレストランに行ってきた。

すっかりあちこちで見るようになった、インドカレーのお店。

こういうお店に行くとしたら、基本的に昼。

我が家の夕食はそんなに重くないのだ。ディナーで外食は、意外に少ない。特に、カレーであれば、なおさら。

お店に入り、席に座って。ディナーセットをそれぞれ注文していく。長男はそこで、

「今日は辛さを、5にする」

と言い出した。

小学校6年になり、すっかり辛いものも好きになった。それでもこの店の辛さレベル5は、1番上の辛さだ。

「今日は、チャレンジしてみる」

成長と共に、辛さにもだいぶ慣れ、食べたくなったのだろう。

いざカレーセットが届き、いつものように食べ出した長男。

少しずつ、スプーンが遅れ始めた

「レベル5は、まだちょっと辛い」

そう言ってきた。

長男のカレーを辛くないものに代えてあげたいが、僕のカレーも辛さレベル5だ。

結局少し残したカレーを、子供の代わりに僕が食べてあげた。

そんな長男は、抹茶が好きだ。

別の日、家族で抹茶のメニューが豊富なカフェに立ち寄り、おやつを食べた。

奥さんと次男は、大きな抹茶パフェ。

次男はさておき、奥さんがパフェを食べるのはかなり珍しい。たまには、ということで。テンションが上がっているのだろう。

僕は抹茶ロールケーキ、長男は抹茶あんみつ。ドリンクセットにして、二人とも抹茶ラテを頼むことにした。

みんなで食べていると。長男が、

「ちょっと苦い。ちょっとだけ苦い」

と抹茶ラテに苦戦していた。

普段、抹茶のメニューでこんな事は無いので、かなり珍しい光景だ。

甘いものと苦いものを交互に食べても。どうやら、苦味がかえって引き立ってしまうらしい。

苦肉の策で、抹茶ラテを水でちょっと薄めて。何とか無事に飲み切っていた。

だいぶ大きくなった長男。4月になれば、中学生だ。それでも。

「ちょっと辛い、ちょっと苦い」

「ちょっと」が、届かない年頃だ。

大人までの距離は、どうだろうか。

あとちょっとか。それとも、まだまだか。



更新 2024月02日13 08時40分

このブログを音声でもお楽しみいただけます。

関連記事

この記事のハッシュタグに関連する記事が見つかりませんでした。

FileMakerシステム制作を中心とする「株式会社データファーム」という小さな会社の代表です。2007年から趣味で書いている日記を個人ブログとして現在も続けています。

最新記事

カテゴリー

アーカイブ