転生モノの漫画をいくつか読んでみた

新しい銀行担当の方がきっかけ

漫画は好きで読んでいる方だと思うのですが。先日新しく担当なった銀行の方と話をしていて、

「僕、転生者のこの漫画が面白かったです」

と教えてくださったので、実際に読んでみることにした。転生モノってどうも、読み出す興味のきっかけがなく。「わざわざ読まなくてもいいのでは」って感じだたので。

先日テレビの再放送かな。バナナマンの設楽さんが「転スラ、俺のバイブル」と言っていたのも、そろそろ読んでみようかな、って思ったきっかけの一つ。

転生モノは常に「チート」というテーマがついてくる

実際に読んだのは、以下の3つ。 どれも面白かった。

「転生賢者の異世界ライフ」が最初に読んだ本。銀行の方にすすめられた作品。1巻の最初からいきなり主人公が強いし、巻数が進んでもどこまでいっても、主人公が強い。

転生だけでいえば、例えば「鋼の錬金術師」の主人公、エドワード。転生した人が気がついたら彼(エドワード)になっていた。意味合い的にはこれで成立する。

ただし、鋼の錬金術師はエドワードが挑戦と敗北を繰り返しながら強くなっていくストーリーだ。しかしいわゆる「転生もの」はそうはなっていない。いきなり強い。「チート」なのだ。

チートの気持ちよさ、面白さは読んでみないとわからない

この「チート」が転生モノの大きなキーワードになっている。むしろ「チート」を成立させるための「転生」なのだと思う。

最初から強い主人公が、どうやって物語を進んでいくのか。これは常に「アイディアの応戦」になってくる。ストーリーを感がる側もいろいろ大変だと思う。しかしその苦労が形になっているところこそ、転生モノの面白さなのだと思う。

「転生したらスライムだった件」も、ストーリーの膨らませ方が面白い。キャラクターにも感情移入できるし、いろんな知識、角度から複合的にここまで物語を盛り上げて面白くできてるのは、単純にすごいと思う。

「烈海王は異世界転生しても一向にかまわんッッ」は「チート」をあえて使わない、ってやり方で個性を出してる。というか「烈海王自体が最初っからチートでしょう」っていう見せ方。これはバキファンも納得、気持ちいいと思う。

「チート」は気持ち良い。

とにかく転生ものについて回る「チート」。

これは「チート」という言葉でしか表現ができないものだと思う。読んでみてそういう感想だった。

そして転生ものは多かれ少なかれ「チートが気持ち良い」ところが魅力なのだと思う。このあたりはもう「チート」という言葉にその感覚まで含まれてしまっていて「チート」という言葉以外での表現が難しいのかな、と思う。

ということで。転生ものもすごく楽しく読めたので、自分としては読む幅が広がった。ちょっと読み上げることを優先に読み進めてしまったので、後でまたしっかり読み直したいと思う。


関連記事

この記事のハッシュタグに関連する記事が見つかりませんでした。

最新記事

カテゴリー

アーカイブ