AirTagを子供の荷物につけている


長男が電車に一人で乗る用事もできたので

AirTagを興味本位でいくつかかってみた。鍵につけたり、子供の自転車に隠すようにつけてみたり。車にもつけてみた。ほぼ興味本位で試してみて、割と便利に使っている。

例えば車。妻とiPhoneの位置共有はしていない(プライバシー深度の問題)。妻だけが出かけた時に「帰ってきたタイミングでご飯を食べれるように準備したい」という時がある。そういう時は「アバウトでもいいので、ざっくり現在地がわかると助かる」のだ。もちろん万が一盗難にあった時に。現在地がわかるように、という狙いもある。

AirTagはそういう時に助けてくれる、時もある。「時もある」というのは、周りにiPhoneがあって、はじめて現在位置を教えてくれる仕組みだからだ。山奥だとチャンスが減る。それでも「10分前にここにいました」と分かれば、ざっくりと予定の算出ができる。それだけでも十分違う。

長男にみまもりケータイを購入した

長男が自分の用事のために、電車に乗る機会がでてきた。田舎は車社会だし、いままで車で送っていった場所に電車で行かせるのは、ちょっと怖い部分あったのだが。それは大人の考えであって、子供はできることからどんどん自立した方がよい。

とはいっても。いざというときの対応は必要で、まずはみまもりケータイを購入した。GPSで現在地がわかるサービスも追加。これ自体はうまく動いてる。便利。みまもりケータイは防犯ベルの機能もついており、子供用に制限された機能とあわせて、とても良くできていると思う。

うちの長男は「電話だけを無くす」と思った

AirTagをまとめて買って余った、というのもあるのだけれど。うちの長男は「携帯だけを無くすな」と思ったので、AirTagを移動用のバックにしのばせることにした。最初は強力な両面テープで固定していたのだが。ナイロンバックへの接着のせいか剥がれてしまい「これなに?」と見つかってしまった。

だったらと安いキーホルダーケースを購入して、バッグの中にある商品タグに引っ掛ける形で固定した。最後の1つは次男のバッグにもつけて、これで余っているAirTagは無くなった。

実際に使ってみると、駅などでは割と最新の状況を拾う。これは駅の人口密度が高いからだと思う。まだ実際にチェックはしていないのだが、ショッピングモールで迷子になった時や親子で離れて行動している時に。「今どこにいるのかな?」とあたりをつけるにはかなり使えると思う。

「探す」を共有することはできない

一つ気をつけないといけないのは、探す行為を「家族で共有」はできないことだ。現時点(2021/11/16)では、あくまで「個人の荷物を探す」に紐づいている。父親である僕のAirTagの位置情報を妻と共有することはできない。もし別のiPhoneで見たい場合は、僕のiCloudでログインする、という手段はなくもない(携帯を紛失した時に、妻の携帯でそうやって探したことはある)

AirTagは毎月料金を払う必要はなく、年1回の電池交換費用で継続利用ができる。GPSつき携帯に比べると用途は限られるが、コストがかからない。そのあたりのバランスの中で有意義に使えることも多いので、いろいろこれからも試していきたい。


関連記事

この記事のハッシュタグに関連する記事が見つかりませんでした。

最新記事

カテゴリー

アーカイブ