卓上型月めくりカレンダーを、ばらして壁に貼り付ける


年末に翌年のカレンダーをどうしようかなって思ってんたんだけど、思い立って卓上カレンダーを1つ買って、それをバラして1年分貼り付けることにした。理由はいくつかあるんだけど、1年全体を見渡せるカレンダー表示があった方が、1年の使い方が俯瞰でわかりやすいと思ったのだ。細かいカレンダーはスマホのほうが便利で、事前のアラームだったり家族とのスケジュール共有だったり。紙のカレンダーにもはや出番はない。

実際にカレンダーをバラしてみると、それを全部貼り付けただけでも色々と発見があってよかった。これはもっと子供の頃からやるべきだ。箇条書きにしたほうが読みやすいのはわかってるだけど、ちょっと文章の練習とチャレンジをかねて、平文でそのまま書いていく。

まず12ヶ月を一目で見渡たせるので、祝日がある月とそうでない月のバランスがわかりやすい。月が終わったら、1枚ずつ終わった月を剥がしていくことで、今年の残りのカウントダウンもわかりやすい。これがいわゆる月めくりになっている状態だと、残りの月が重なっている。残りがどれくらいあるか、ということを視覚的に誤魔化されてしまうのだ。そのあたりがこのやり方だと赤裸々だ。

月を並べて休日を書き込むとわかるのが、年を認識するバグみたいな仕組みだ。1年は12月なので、真ん中は6月。けれど年度は4月からはじまり、夏休みがざっくり8月。こうなると「なんとなく8月(夏休み)になったら、年の半分かな」と錯覚してしまう。しかし8月に入ったら残りは1/3だ。そりゃ年末までがあっという間だ。かといって6月と言ったらどうだ。4月が終わり、GWのある5月が終わり。祝日もない落ち着いた月、それが6月。ほっと一息安定した毎日をやっと過ごしはじめた6月を終えると、のんびりしたいのに、1年は折り返しを迎えている。

つまりは「1年」と「年度」。二つのカレンダーがスタートをずらしながら走っているのだ。そして12月にしっかりと1年は終わる。そりゃあっという間だなって思った。もっというと「始まりの4月」をバタバタと終われば、始まりの月なのにもうその年は1/3終わっているのだ。恐ろしい。

明日で1月が終わる。カレンダーを剥がしたらそれは捨てずに「今月何ができたか、何を始められたか」をメモして、保存しておこうと思う。それを12回行った後の一年は、はたしてどんな心持ちなのだろう。


関連記事

この記事のハッシュタグに関連する記事が見つかりませんでした。

最新記事

カテゴリー

アーカイブ