AppleTV+のラックは、映画サイズでやるには「もったいなかった」のでは。

公開前のビジュアルからだいぶ良かったので、期待しながら映画「ラック」を見た。CGがもうちょっと良ければ、という意見もあるみたいだけど、僕にはその部分は気にならず。テンポも良く脚本もしっかりしていたので、安心のアニメーションだった。

だった、のだが。なんだか物語に集中できない。事象を飲み込みきれないまま、新しい事象がやってくる。ストーリーラインも上手で納得のいくものだったけど、咀嚼する時間がほとんどないのかな、と思ったのは一通り見終わってから。

多分だけど。ラックは映画ではなく30分で10エピソードくらいの配信ドラマ形式だったらもっと楽しめたと思う。ストーリーは全く同じで良いので、もうちょっと見る側に共感したり、咀嚼するための時間が欲しかった。100%かわいいあのうさぎは、愛着が湧くまでいろんな仕草や表情をもっと見たかった。不運の国のキャラクターたちについてもそれは同じで、ストーリーもキャラも、わりと忙しく自分の横を通り過ぎてしまった気持ちだ。

2時間に収めるには、テーマや内容が多すぎた。それをなんとか2時間に納めるために。奇跡的なテンポの良さや、できる限り無駄を省いた上で、自然な流れに仕上げたかったのだと思う。それが、上滑りするような「良いものを見てるのに、なにかもう一つ入ってこない」という不思議な結果につながったのだと思う。

そんなことを考えていると、そもそも近年の「映画」の存在って何だろうって考えてしまった。僕はそもそも映画を見ないので語る資格がないとは思うけど。それでもAppleTV+を、ほぼ専門に見て。配信されるドラマ、コメディ、アニメなどを結構楽しく見ているし、見終えた本数もだいぶ増えた。

今回のラックについても「配信ドラマの方がよかったのでは」と思ったのは、配信ならではの魅力があるからだろう。ファウンデーション、パチンコなどの近年の作品をみても、30分、60分のドラマであっても。映画に予算でも映像でも見劣りすることはないし、映画に比べて使える時間も多い。1週間の間にあれこれ咀嚼しなおしたり、楽しみに待つことができる。

重厚であればあるほど、映画のフォーマットでは難しいことが増えているのではないか。ラックを見たことをきっかけに、そんなことを考えた。


更新 2022月08日23 16時46分

このブログを音声でもお楽しみいただけます。

関連記事

この記事のハッシュタグに関連する記事が見つかりませんでした。

最新記事

カテゴリー

アーカイブ