海外の情報を、ChromeとDeepLを使って読むようになった。

ちょっと今日は画像を多めの記事にしていますが、意図的にやっています。縦書きで画像を多く入れた場合にどうなるのかな、と。

mikanをやめている間に試したDeepL(正確にはProの機能)の翻訳機能を使って、色々と海外情報にも目を通すようにする、というのを試しています。徐々に形になりつつあるので、ちょっとだけ紹介します。

記事はRSSリーダーサービスを使っています。色々試行錯誤していますが、現状有料のinoreaderというものを使っています。これは月1ドルのプランを使っていますが、ちょっとこれだと意味がなかった。情報収集がスムーズになったら7ドルのプランにした方がいいいと思うのですが、費用対効果が出るかどうかが、見極めどころ。

リーダーの画面はこんな感じ。



これを翻訳の拡張機能をオンにすると



こうなります。
気になった記事をクリックするとRSSリード表示になるのですが、これも自動的に翻訳されます。



気になったら、タイトルをクリックしてサイトの記事を表示します。



とまあ、こんな感じ。普通に日本語でRSSリーダーを使っているのとほぼ同じ感じです。

Twitterでも同じようなことをしています。海外情報で気になるものを集めたリストを作り、Chromeで表示。



これも翻訳プラグインによって、こうなります。



実際の運用では、自動的に翻訳がされないケースもあるので、その場合に「ボタンを押し直す」という手間が発生して、それだけちょっとめんどくさい感じです。

とはいえ、それ以外は本当に問題がない。なので、この形で情報ソースを増やしていこうと思います。

そしてこれをやりながら、いま沸々と思っているのが「mikanを復活しようかな」ということ。

「英語のソースを読んでいく」という目標が達成されたからこそ「あ、このやり方では英語力は身につかないな」という、ヒヤリとした不安。この気持ちがまさかもう一回mikanを考えさせるとは、と思ったりしています。


更新 2022月09日01 08時33分

関連記事

この記事のハッシュタグに関連する記事が見つかりませんでした。

最新記事

カテゴリー

アーカイブ