自分の夜道を作る

古い話で恐縮してしまうのだが、20代前半は阿佐ヶ谷に住んでいた。当時の勤め先が京橋にあって、そこに通うのに選んだ住まいが阿佐ヶ谷だ。

当時のことはうろ覚えになってきてるのだが。「仕事の先輩がなんで訳の分からないことを言うのだろう」とか「当時付き合っていた彼女と週末何をしよう」とか。あるいは「ウェブサイトでこう言うのを作ってみたいな」とか。

いろんなことを考えていたのだが、そういうあれこれを考えていたのは、大抵会社からの帰り道だった。ウォークマンでフィッシュマンズのライブアルバムを聴きながら。ふわふわしたような心地になって、あれこれ色々考えるのだ。当時は多分まだiPhoneなどはなかったと思う。

当然TwitterやSNSもなかった。人の意見を見ることもなく、人に意見を言うこともなく。自分の好きな音楽を聴きながら、自問自答で1Kのアパートまで帰っていった。

そこからざっくり30年弱経って、結婚もして子供もいて。一人暮らしではなくなった。それ以上にSNSとかTVerとかいろんなコンテンツの窓口ができて、パソコンの前によいしょと座らなくても、手軽に気軽にいろんな「自分以外」にアクセスできるようになった。

つまりは自問自答の時間が減った。集中が乱れやすくなった。

昔は良かった、なんて言うつもりはないが。昔できていたことが、今出来ていないのでは、と思う。自問自答ばかりをする必要はないが、身近な子供の様子をじっくり見る代わりに、あくせくとスマートフォンを見ているのではないか、とか。

そんなことを考えたら、ふと浮かんできたが20代の夜道のことだった。あの頃の夜道みたいな感覚や時間を、もうちょっと意識してつくった方が良いのかもしれない。

何か自分の中から見つかる大事なことを、見逃し続けているのではないか。そんな気がした。



更新 2022月09日08 13時15分

このブログを音声でもお楽しみいただけます。

関連記事

この記事のハッシュタグに関連する記事が見つかりませんでした。

最新記事

カテゴリー

アーカイブ