400円で落札したお茶プレッソがすごくいい

夜中、なんとなくヤフオクをみていたら。お茶プレッソが400円で出品されていた。落札まで後1時間。

元々お茶プレッソはすごく興味があった。バイトをしてくれていたえりやんにも、退職のプレゼントに購入したこともある。

自分でも欲しいなと思ったが、レビューを見てると賛否両論。エスプレッソマシンと違い全自動でもないので、どうにも躊躇して気がついたら8年くらい経っていたのかもしれない。

8年経って1万8000円くらいだったものが400円に。新品と中古品の違いはもちろんあるが「この値段だったら別にいいや」と思って入札して寝た。起きたら落札していた。

すぐに商品がとどいて、色々試しているが。これは俺にとってはすごく良い商品。同時に、世間が期待していることや「ここが不満」というのも分かった。はっきりいって金額に対して、世間が期待し過ぎていると思うので、ちょっとポイントを押さえて書いてみたい。

全自動でないから不便

お茶プレッソって名前なので、エスプレッソメーカーと比較されてるんだと思う。これと比較されるなら、それではなく、コーヒーメーカー。

コーヒーメーカーで見てみれば。ミルで豆を引いてから抽出まで。一気にできるものもあるが、そうでないものの方が多い。まさにその「そうでないもの」と同じような機械だと思う。

個人的には茶殻を掃除したり、割らないか注意しながら急須を洗う方が嫌なので。この製品はすごく助かる。

抹茶ラテをいれるのに、別に牛乳を温めるのが面倒

これは同じことを、エスプレッソマシンを買った時に思った。牛乳入れがあって、そこから自動で入ってくれればなーと。

この器具は実際にはあるのだけれど、別売りで高い。冷蔵機能も必要なようだし、なにより洗う回数も多く、洗い方も大変。考えれば当たり前だが、乳製品を常温の場所で取り扱うのは大変だし、通す管などを洗うのも大変なのだ。

そう考えるとコップに牛乳をとって、それを「牛乳あたため」みたいなメニューで温めるほうが、手間的にも衛生的にも、料金的にも理にかなっている。

温めた牛乳を抹茶と撹拌する機能はあるので、それでやればきちんと抹茶ラテは入る。これでいいじゃん。

セラミックの臼の掃除が面倒

これはわかる。自分は落札物にその器具がついてなかったので、爪楊枝でひとまず掃除してる。

臼の目が詰まると、抹茶ができにくくなってしまうのでその手入れは必須。詰まった茶葉は、水に溶けにくいしね。ここは理解。

でもまあ慣れれば2分くらい。臼の水洗いはむしろ厳禁なので、ほんとに詰まりをとって戻すくらい。慣れればどうってことないかな。この作業のおかげで、お茶を丸ごと全部取れるっていうメリットを享受できるし。

人によってどこが不快かってのは異なるけど。自分としては茶殻が多量にでることよりも、こっちのほうがストレスが少ないかも。これはほんと人による。

ということで。引き続き使っていこうかなと思います。静岡県人で、歩いて行ける場所にJAのお茶工場もあるし。良いお茶買っても50gで600円くらい。1杯いれるのに数gなので、コーヒーなどに比べてもコスパがかなり良いのも魅力です。お茶とコーヒーのどちらかを選べる環境もできたし。

なにより地元の商品を少しでも消費できるのが嬉しい。これだったらもっと早く買っていればなーと思ったりもしていますが、まあトータルで見て「タイミング」なんでしょうね。



更新 2022月11日24 09時33分

このブログを音声でもお楽しみいただけます。

関連記事

この記事のハッシュタグに関連する記事が見つかりませんでした。

最新記事

カテゴリー

アーカイブ