ヌードルメーカーで十割そばを打った。

大晦日ですが、備忘録的に日記を。

ヌードルメーカーを使って十割そばを打った。味は問題なく、十割そばだからといってちぎれることなく。だいぶ上手くいった方だと思う。

材料は

  • 蕎麦粉 500g
  • 水 200g

これだけ。十割そばだもんね。

つなぎに心配があったので、最初に

  • 水 140ml
  • 蕎麦粉 20g

をとろ火にかけて、のりのようにしてつなぎにした。今回はこれをホットクックの手動調理でやった。メニューとしては

  • 弱火
  • 高速にかき混ぜる

で10分。結果としてはダマにもなったし、どうしても混ぜきれない部分が残った。これはホットクックで全部やろうとせずに

  • 煮詰める

メニューで泡立て器かゴムベラで煮詰めていくのが良いかもしれない。

これができたらホットクックの鍋に残りの蕎麦粉をいれて、全てが均等になるようによく混ぜる。これを先にやってからヌードルメーカーに入れた方が、色々心配ないように思う。

ヌードルメーカーにいれたら、撹拌8分で麺をつくる。撹拌中に残りの水をいれる。まったく塊にならないので不安になるがここは我慢。

麺を作る工程に入ると、ちぎれることなく麺が出てくる。印象としては少し硬めだ。

これを麺が下についたら長さをそろえてカット。僕は打ち粉もつかわず、きったものをラップを引いたトレイに並べていく。

5回くらいしたらトレイにたまるので、上からラップをして密封。できあがったら冷蔵庫に入れて保管。

茹でるときはホットクックの麺茹でメニューで。水はマックスまで入れる。手動で設定をするのだが

  • 茹で時間は3分

で良いと思う。500g+200mlでできたそばの半分。350gくらいは、一回で茹できれる。自分は古いタイプのホットクックも持っているので、同時に茹でることで一気に茹でてしまった。

ああ、そうそう。うちのホットクックは2.4Lタイプです。

蕎麦湯を捨てたら(必要に応じて残してください)ざるに移してあらい、最後をキンキンに冷えた水で締めます。僕はきれいなたらいに、保冷剤をいれて、水を張っておきました。そこで最後の洗いを。

キンキンの水の工程。これは必須です。いらないとおもって手を抜くと、滑りの取れないしまりのないそばになってしまったので。これは必須。

あと、水も目一杯で。できる限り。手打ちでなく機械うちだと「しっかりと茹でて水分を麺に入れる」工程が、味わいにも「切れないこと」にも大事だと思う。

とはいえ茹ですぎてしまうと「そばの感じ」も一緒に抜けてしまうので。僕は実は今回4分でやったのですが、これだとちょっと長かったかなと思ったので、レシピ側には3分としました。

こんな感じで蕎麦は完成。麺としてばらばらしてしまうことなく。しっかりと出来上がります。洗い物もありますが、これは、ほんと手打ちと比べれば全然楽。汚れも少ないです。

残ってしまう蕎麦のかけらもありますが、手打ちに比べたら無駄は五分五分か少ない方だと思います。500g打つと、だいぶ無駄が少ない感じです。

ということで。去年どうにも蕎麦が美味しく食べれなかったので、リベンジでした。このブログを参考に、来年も作ります。



更新 2022月12日31 20時33分

このブログを音声でもお楽しみいただけます。

関連記事

この記事のハッシュタグに関連する記事が見つかりませんでした。

最新記事

カテゴリー

アーカイブ